海外商品を安全に購入できる代理購入サービス7選|選定ポイントとは?

「海外の通販サイトに売られている商品を輸入したい」
「海外から商品を代理購入してくれる業者を探している」

代理購入サービスを利用して、海外で販売されている商品を輸入する方は多いです。代理購入サービスを利用すれば、現地の言葉が出来ない方でも海外の商品を気軽に輸入ができます。
また輸入時の破損リスクも回避できるので、欲しい商品を安全に輸入したいと考えている方には最適なサービスです。

この記事では、そんな代理購入サービスに関するメリット・デメリット、さらに代理購入サービス会社を見極めるポイントからおすすめの会社まで紹介します。

海外商品を代理で購入する「代理購入サービス」とは

海外で販売されている商品を代理で購入し、輸入手続きをサポートしてくれる「代理購入サービス」。現地に住所がないと購入できないものや、国外への発送を制限している商品など、一般的に購入が難しいとされる商品についても、代理購入サービスを利用すれば手軽に購入ができます。

海外商品を代理購入サービスで購入するメリット

海外商品を代理購入サービスを利用して購入するメリットについて、ここでは4つ紹介します。

  • 通販サイトから輸入できない商品の輸入が可能
  • 現地の言葉が必要ない
  • 手数料の計算が簡単
  • 検品サービスにより商品の破損確率が軽減

それぞれみていきましょう。

通販サイトから輸入できない商品の輸入が可能

代理購入サービスを利用すると、日本への輸入を制限している通販サイトから商品を購入し、輸入が可能になります。
そのため、海外メーカーが日本で販売していない「海外限定モデル」など、日本では手に入らない商品を仕入れられるのです。
代理購入サービスを利用すれば、様々な商品を世界から購入できるようになります。

現地の言葉が必要ない

日本向けの代理購入サービスは、日本語を使ったサポートをしてくれます。そのため、海外商品を購入する際に現地の言葉は必要ありません。
通販サイトの注意事項の確認や、輸送時の通関作業、さらに通販サイトのカスタマーサービスとのコミュニケーションは、全て代理購入サービスでサポートしてくれます。
現地語の必要がない代理購入サービスは、外国語に抵抗がある方も利用が便利です。

手数料の計算が簡単

代理購入サービスを利用すれば、手数計算が簡単になります。代理購入サービスでは、「商品代金」+「手数料」+「配送料」などのようにシンプルな料金設定が基本だからです。
代理購入サービスを利用せずに海外で商品を購入すると、様々な手数料計算が必要になります。例えば、アメリカからの輸入を個人で行うと、「商品代金」「アメリカの売上税」「アメリカ内での輸送料金」「日本までの送料」「関税と消費税」を細かく計算しなければなりません。

知識がない方にとって細かい手数料の計算は手間がかかります。手数料計算がシンプルでわかりやすい代理購入サービスは、海外輸入が初心者の方にもおすすめです。

検品サービスにより商品の破損確率が軽減

代理購入サービスでは、購入した商品をチェックする検品サービスを提供しています。購入後、そのまま日本まで発送される個人輸入に対して、代理購入サービスは現地で商品チェックをしてくれるので商品の破損リスクを大きく軽減できます。

また国外発送を想定していない通販サイトからの購入は、梱包材が少なく輸送時の破損のリスクが伴いますが、代理購入サービスの利用により梱包材を増やして破損リスクを下げることも可能です。
個人で海外から商品を購入するよりも、代理購入サービスの利用で破損リスクを大きく下げることができます。

海外商品を代理購入サービスで購入するデメリット

海外商品を代理購入サービスで購入するデメリットについて、ここでは以下3つより紹介します。

  • 手数料が余分にかかる
  • 悪質な業者がいる
  • 継続的なコストがかかる

それぞれ見ていきましょう。

手数料が余分にかかる

海外商品を代理購入サービスで購入すれば、手数料が余分にかかります。代理購入サービス会社へ報酬料の支払いが必要だからです。
報酬料には数千円~数万円と幅があり、購入元となる国や配送する個数によって変動があります。

悪質な業者がいる

代理購入サービスを運営する業者の中には、悪質な業者も存在します。サービスを展開するために資格が必要ない代理購入サービスは、名のるだけで誰でも運営ができることから悪質な業者が増えているのです。
例えば、入金後に商品を発送しないケースや、法外な料金を後から請求するケースなどが目立ちます。また近年サービスを提供するのは、会社だけでなく個人も増加傾向です。
個人に委託すると報酬料金は安いですが、現地で検品できる体制がないことがほとんなので注意しましょう。代理購入を依頼する際は、口コミや手数料の明確性、サポート内容を確認して慎重に業者選びを行うのが最適です。

継続的なコストがかかる

代理購入サービスを定期的に依頼する方は、継続的なコストがかかります。とくに海外商品を輸入し国内販売を継続して行う事業者の方は、毎回輸入時に委託企業への報酬料がかかるでしょう。
そのため代理購入サービス会社へ委託するためのコストを避けて、個人輸入を検討する方も少なくありません。
ただし、代理購入サービスと個人輸入を比較した時に、必ず個人で輸入する方がコストが安いとは限らないのです。代理購入サービス会社の中には大量の輸入をサポートすることで輸送会社と契約し、輸送費用を通常より下げている場合があります。

輸送会社と契約する代理購入サービス会社は、トータルコストで個人輸入の費用を下回る可能性があるのです。
継続的な輸入を行う場合は、代理購入サービス会社か個人輸入がどちらがトータルコストを抑えられるかを比較した後に決断することが大切です。

代理購入サービスを選ぶポイント4選

代理購入サービスを選ぶポイントは4つあります。

  • 料金体系
  • カスタマーサービスにおける対応の早さ
  • コミュニケーションの品質
  • 配送・支払い方法が選べるか

それぞれ見ていきましょう。

料金体系

代理購入サービスを選ぶポイントとして、料金体系の確認は必須でしょう。継続的な依頼になれば、数千円の違いでコスト面に大きな差が生まれます。
料金体系では、まず配送プランを比較しましょう。配送料金は、サイズや発送方法が同じ物でも会社によって請求金額が異なるためです。
また合わせて料金体系で参考にしたいのが、月額料金の有無です。月額料金を支払う会社では配送コストや手数料が安くなり、反対に月額料金がない会社では配送コストや手数が高くなる傾向があります。
もし代理購入サービスを短期で利用する方は、月額料金がかからないサービスがおすすめです。一方で大量の購入を継続して依頼する方は、月額料金がある方がトータルで安くなるでしょう。

カスタマーサービスにおける対応の早さ

代理購入サービスの会社を選ぶ際は、カスタマーサービスの対応の早さをチェックしましょう。カスタマーサービスの対応が遅いと、急な依頼に対応ができないためです。
例えば、購入商品を途中でキャンセルしたい時や商品がなかなか到着しない場合など、カスタマーサービスからの返答が遅いと対応遅れでトラブルの原因になります。
継続的な商品の輸入を検討している会社であれば、カスタマーサービスの対応の早さはしっかりとチェックしましょう。
最もおすすめなチェック方法は、単発で契約してみることです。実際に利用すれば現状を知ることができ、正確な会社選びにつながります。

コミュニケーションの品質

代理購入サービスの会社を選ぶ際は、コミュニケーションが正確にできるか確認しましょう。一部の会社ではカスタマーサービスに外国人を起用している場合があり、内容が正確に伝わらないケースがあるためです。
内容が正確に伝わらなければ、何度も伝わるまでメールや電話をする必要があるため、他業務に影響が出ることも。
また検品ミスや欲しい商品と違う物が届くなどのトラブルの原因にもなるため、事前に電話やメールで言葉が正確に伝わるかを確認しましょう。

配送・支払い方法が選べるか

代理購入サービスの会社選びの際に、配送・支払い方法が選べるか確認しましょう。利用に適したサービスかを判断するためです。
例えば、一部の会社では船便と航空便の2つから配送を選ぶことができます。船便はコストが安くなりますが、配送期間が長いのが特徴です。一方航空便は、早く国内に到着しますが、輸送コストが船便に比べ高くなります。輸送商品が小さい時や、すぐに日本へ輸入したい商品の場合は航空便がおすすめです。反対に商品が大量で、時間がかかっても1商品あたりのコストを抑えたい方は船便の選択が良いでしょう。

また支払い方法についても、JCBカードが使える会社もあれば、国際決済システムであるPayPalの利用が必須の会社もあります。
決済方法に対応できるかどうかを確認し、代理購入サービス会社選びに役立てましょう。

海外の商品購入でオススメな代理購入サービス7選

海外の商品購入でオススメな代理購入サービスは7つあります。

  • malltail(モールテール)
  • スピアネット
  • US-BUYER.com
  • 輸入com
  • WE LOVE EU
  • JISA.com
  • Buyee

それぞれ見ていきましょう。

malltail(モールテール)

  • ヨーロッパ・アメリカ・韓国に対応
  • 首都圏在住であれば購入から「最短3日」で到着
  • 料金設定はシンプルでわかりやすい

malltailは、ヨーロッパ・アメリカ・韓国からの代理購入サービスに対応した会社です。商品をまとめて梱包ができ、その分通常よりも安く輸入することができます。
首都圏へお住まいの方であれば、商品を購入してから最短3日で商品が届きます。急ぎで海外商品を購入したい方はおすすめのサービスです。
料金体系は、「商品代金+配送代金+手数料」とシンプルでわかりやすいため、利用料金で迷うこともないでしょう。

https://jp.malltail.com/jp_wp/import/

スピアネット

  • アメリカからの輸入をサポート
  • アメリカ輸入でかかる売上税が「非課税」
  • 丁寧な梱包で破損リスクを下げる

スピアネットは、アメリカからの輸入を専門にサポートする会社です。例えば、Amazon・イーベイ・ネットショップなど基本的なサイトからの買い付けを行ってくれます。
同社はオレゴン州に拠点を置いていることから、購入時にかかるアメリカの売上税が非課税です。そのため安く輸入でき、コスト面でもメリットが大きいと言えます。
また梱包についても丁寧に対応。アメリカにある同社の拠点に届いた後は、現地スタッフが丁寧に再梱包を行い破損リスクを軽減して発送します。

http://www.spearnet-us.com/

US-BUYER.com

  • 日本人によるカスタマーサービス
  • アメリカの売上税が非課税
  • クーポン利用でお得に買い物ができる

US-BUYER.comは、名前にあるようにアメリカからの輸入をサポートする代理購入会社です。電話でしか対応を受け付けないアメリカが拠点の個人商店からの代理購入も対応してくれます。
オレゴン州に拠点を持つ同社は、売上税が非課税です。また同社では感想を書くだけで、手数料の10%をポイント還元するなど、安価に商品を輸入できるサービスを備えています。

https://www.us-buyer.com/about_company/

輸入com

  • 2015年における配送エラーは脅威の0.002%
  • 傷の付かない丁寧な発送が売り
  • 万が一の破損でも上限なしの保険で対応

輸入comは、アメリカからの輸入をサポートする配送の丁寧さが売りの会社です。2015年における全体の配送不備率は、なんと0.002%。
万が一の破損でも上限なしの保険で対応してくれるので、配送による破損リスクは心配ありません。また購入商品は、現地で発送前に写メ確認が可能です。
日本へ輸送する前に商品をしっかりと確認ができ、万が一商品に傷があってもキャンセルすれば余分な送料はかかりません。

http://www.u-new.com/

WE LOVE EU

  • EUからの輸入を専門にした会社
  • ビジネス利用もOK
  • 銀行振込に対応

WE LOVE EUは、名前にあるようにEUからの輸入を専門にした会社です。オランダ・スペイン・イタリアなどの通販サイトから気軽に商品の輸入が依頼できます。
個人利用はもちろん、ビジネス利用もできるので継続的な活用が可能です。見積もりサンプルから実際の利用料金を確認できるので、同社のサイトからまずは料金を確認してみてください。
またカード対応だけでなく、コンビニでの銀行振込にも対応。カードやPayPalアカウントを持っていない方も気軽な利用ができるでしょう。

https://www.play-net.co.jp/eu/#

JISA.com

  • アメリカからの輸入サポート
  • 大型商品の輸入にも対応
  • 卸業者リストを掲載中

JISA.comは、アメリカからの輸入をサポートする会社です。車やトレーニングマシンなどの大型商品にも対応しており、制限なく輸入商品について相談ができます。
また同社のサイトには卸業者の一覧が掲載中です。卸業者の中には5割引きでの購入ができるお店も掲載しています。
国内で商品を販売したいと検討している方は、一度目を通して見るのが良いでしょう。

https://www.jisa.com/business/

Buyee

  • 日本の商品を海外から購入できる代理購入サービス
  • 世界中に届く広い配送エリア
  • 多彩な決済方法・保証サービス

Buyeeは、日本国内の商品を海外へ向けて発送してくれる代理購入サービスです。例えば、海外在住の場合に、日本の食材やDVDなどを日本サイトから購入したい時に代理購入してくれます。
同サービスの代理購入は、丁寧な梱包で発送を行ってくれるのが売りです。万が一、輸送中に破損があった場合は、保障サービスにより商品代金を全額返金してくれるので安心です。

日本の商品をヨーロッパ・アフリカ・中近東・東アジア・東南アジア・オセアニア・北米・中米・南米と幅ひろく発送対応が可能です。価格帯も安く、スタンダードプランでは1商品500円~の利用ができ、業界で最安値での輸送を行っています。決済方法も多彩で、VISA・JCB・PayPal・ALIPAYなど広く対応可能です。海外在住の方で日本の商品を海外へ輸送したい場合は、同社の利用がイチオシです。

https://www.tenso.com/jp/static/guide_buyee_index

まとめ

海外から商品を代理で購入してくれる代理購入サービス。海外の通販サイトからリスクなく安全に商品購入ができるとして人気です。
個人で輸入する場合と比べてもコスト面で大きく料金が変わらないケースも見られます。もし初めて海外から商品の輸入を検討されているのであれば、一度代理購入サービスを利用してみるのが良いでしょう。
ここで紹介した代理購入サービスの会社を比較して、ご自身に合う代理購入サービスをぜひ見つけてみてください。

低コストで国内店舗やECサイトの集客をサポート

2,000サイト以上の海外販売をサポートしてきたBeeCruiseでは、海外のお客様をより増やすためのプロモーション・コミュニケーションの企画・運用をサポート致します。また、配送・インフラ構築につきましてもお気軽にご相談ください。

>世界中のユーザーに日本の商品を届ける クロスボーダーコマースを展開する

世界中のユーザーに日本の商品を届ける クロスボーダーコマースを展開する

BEENOSグループが創業以来蓄積してきたノウハウ・データを活用し、 BeeCruiseは日本企業の海外進出を応援します。

CTR IMG