海外販売する方法とは?それぞれの注意点を詳しくご紹介!

海外販売をすると販路を増やすことができ、さらに日本では売れないような商品が出るなど様々なメリットがあります。しかしそれぞれの国によって輸出などのルールがあり、 関税や手数料など注意するべき点は数多くあります。

この記事では海外販売する方法やそれぞれの注意点など詳しく説明していきます。

海外販売するメリットとは?

販売をするメリットとして特に以下の2点があげられます。お客の幅が日本国内から海外へ広がること、また店舗を構えないことから初期費用などを抑えることができるのです。

  • 販売路線の拡大
  • コストを抑えられる
  • 翻訳サイトを利用できる

販売路線の拡大

海外に向けて販売をすることで販売の線の拡大をすることができます。また海外では日本で求められてるような商品とはまた違う点があり、様々な商品を売るチャンスが増えます。特に日本の電化製品やゲーム、アニメなど海外で評価の高いものでなおかつ日本でしか買えないようなものは日本で安く買い海外で高く売るチャンスがあるのです。

特に日本のアニメのキャラクターグッズやトレーディングカードなどが世界中で大大人気であり、日本のブランド品に続いて売上が残っているといったデータもあります。また書道や折り紙などの 日本文化である商品は世界中で人気であり、よくeBayなどでも発見することができます。ローマ字でOrigamiなどと検索をすると多くの件数がヒットします。

コストを抑えられる

日本国内に Web を使って販売するのであれば別ですが、もし店舗を構えようとすると不動産や保険など様々な費用が必要になります。また毎月の光熱費などランニングコストもバカになりません。

しかし海外販売をする場合は全て Web 上で行うため、これらの費用を抑えることができるのです。

翻訳サイトを利用できる

海外に商品を販売する上で、語学力が心配になる人も多いのではないでしょうか。しかし最近では無料の翻訳ツールでもレベルが高く、それでは心配という方だと有料で様々な翻訳ツールが出ています。そのため通常の海外販売であればそれほど意識する必要はないでしょう。

しかし現地とは卸売契約をしたり海外の人を雇う場合は十分な英語力は必要となります。

海外販売する方法とは?

海外販売をする方法として、 主に以下の5つの方法が考えられます。それではそれぞれの方法を一つずつ詳しく説明していきます。

  • ECモールに出店
  • 自社でECサイトを構築する
  • 海外販売に対応しているサービスを選ぶ
  • 現地の販売店を探す
  • SNSを使って探す

ECモールに出店

それぞれ世界各国の Amazon やeBayなど、海外販売に対応しているECモールを選んで出店することができます。おすすめの EC モールは後ほど詳しく説明していきますが、ECモールを使う大きなメリットとして、すでに多くのユーザーがいることです。そのため有名な EC サイトを利用することによって集客をする必要がないのです。

また海外販売に対応している EC サイトであれば、海外からの販売向けに様々なサービスを提供しているメリットもあります。

しかし EC モールを使うデメリットとして、売上手数料やその他初期登録の費用や年間維持費など様々な手数料が必要となります。また EC サイトのデザインやレイアウトなどもそれぞれの EC モールによって制限されているため、自分の思い通りの EC サイトを作れない可能性があります。またターゲットとする国の言葉で商品を登録していく必要があるため、語学力の不安な方はデメリットと言うでしょう。

EC モールは費用はかかりますが構築することはほとんどないため、 パソコンなどのスキルをほとんど持っていなくても EC サイトを運営することができます。またセキュリティ上も充実しているため大きなメリットがあります。

自社でECサイトを構築する

自社でサイトを構築する場合は扱ってる商品やデザインなどに制限があるわけではなく、売上手数料などもかからないので売り上げた金額が利益に直結します。しかしまず構築するために時間と費用が必要となり、さらに集客は一からもあるので実際に売上につながるのは EC サイトを構築してからかなり時間が経ってからとなります。

また初期費用がかなりかかっているので、もし売り上げることができないと赤字になる可能性があるのです。

自社で EC サイトを構築する場合のもう一つのメリットが、オリジナル性を出すことです。他社との差別化を図るためには下剤などに制限がない自社で EC サイトを構築することがおすすめです。

海外販売に対応しているサービスを選ぶ

ショピファイなど自分で EC サイトを作れるサービスの中で、海外販売に対応しているサービスを選ぶ方法があります。それぞれの国に郵送してくれるほか、それぞれの国が対応している決済方法を導入したり、トラブルがあった時の対応をしてくれたりとサービスが充実しています。

現地の販売店を探す

現地の販売店を探して売る方法がありますが、実績がない場合いきなり探すのは容易ではないでしょう。また交渉するだけの語学力が必要となります。しかし既に実績がありコミュニケーションの面でも問題がない場合は、より大きなビジネスに広げられるチャンスがあります。

ECモールなどで実績を作って、将来的に様々な販売方法を試していくこともできます。

SNSを使って探す

EC サイトやショップ様の SNS アカウントを作ることにより、直接やり取りをする方法もあります。 SNS のみを使っての販売は容易ではありませんが、 自社のEC サイトなどと組み合わせをすることにより、販売を増やすことができます。 SNS は Facebook や Instagram など、海外でも多くの利用者がいる媒体を使うと良いでしょう。

また Instagram ではshop now呼ばれる商品の画面をクリックするだけで販売ページに跳ぶことができるシステムです。

主なECモールとは

海外には様々な EC サイトがあります。ここでは国 サイトがあるのですがここでは国際販売に対応していてさらにおすすめの EC サイトをご紹介していきます。

Amazon

日本の Amazon ではなくアメリカのAmazonは英語で入力する必要があるのですが、基本的には使い勝手は同じなので利用しやすいサービスであると言えるでしょう。Amazonの特徴として新商品を求めてる人が多いので、新商品である場合はAmazon、それ以外はeBayなどと使い分けをすることもできます。

eBay

2011年11月現在で190カ国に対して商品を販売することができる世界で最も規模の大きなオークションサイトです。 yahoo!オークションを世界レベルにしたものと考えれば分かりやすいでしょうか。 eBay のサイトを確認していただきたいのですが、日本の商品がよく売れていることがわかります。またなかなか手に入れられないものだけではなく、例えば通常のお菓子なども売れていることがわかります。

eBayの特徴として通常の販売サイトではなくオークションサイトなので、希少価値がある商品であれば高額になる可能性が高くなります。そのためeBayで現在何が売れているかをよくリサーチすることで大きなビジネスにするチャンスがあるのです。

Etsy

Etsyもアメリカの EC モールです。ハンドメイドに特化しておりハンドメイドの商品をアメリカ国内で販売するだけでなく、 世界中に販売をすることができるので便利です。そのためハンドメイドの商品を売りたい人であれば色々な商品があるAmazonや eBay よりも、Etsyを使うことがおすすめとなります。

ユーザーもハンドメイドに対して理解のある人が多いので、トラブルになる可能性が低くより価値を理解してくれるので高額で販売できるチャンスも増えます。

海外販売する注意点とは?

ここまで海外販売する特徴やメリットなどを紹介してきましたが、 以下のような注意点もあげらえます。一番の問題は英語などの言語でコミュニケーションをどうとるかでしょう。またこれによって輸出のルールが違い、出品者なのに様々なトラブルになる可能性があります。

  • コミュニケーションをとれるのか
  • 国によって輸出のルールが違う
  • 出品時などさまざまなトラブル
  • 為替変動がある
  • 日本から輸出禁止のものもある
  • カントリーリスクがある
  • 配送サービスに注意

コミュニケーションをとれるのか

代行を使わない限りは全て自分でコミュニケーションをとることになります。そのためそれぞれの国言葉を利用してコミュニケーションを取る必要があるのです。特にトラブル対応など語学力が十分でないと対応が難しいケースもあります。

国によって輸入のルールが違う

それぞれの国によって輸入のルールは異なります。そのためターゲットとなる国のルールを把握しておくことが重要です。例えば海外販売をする上でアメリカに販売したいと思う人は多いのではないでしょうか。 しかしアメリカは以下のように厳しい輸入規制があります。これらを守らないと罰金また将来的にアメリカと取引ができなくなることもあります。

「米国の輸出規制は、対共産圏輸出規制委員会(COCOM)そしてそれに続くワッセナーアレンジメント(WA)という国際的な枠組みを根拠とする中で、自国を取り巻く経済情勢のもと、さまざまな局面から国家安全保障を図っています。そしてその中核となる米国輸出管理法は「再輸出規制」、すなわち、米国の国内法を海外の国にも適用する「域外規制(Extraterritorial Control)」を行っています。」

引用:安全保障貿易保障センター

アメリカの具体的な輸入規制は以下のようにも記載されています。日本にもアメリカの商品が多くあるため、注意する必要があるでしょう。

「米国製の製品、部品、技術、ソフトウェアが、米国から輸出された後に、第三国に再輸出される場合、仕向地、使用者、輸出貨物・提供技術の種類、米国製品や技術の全体の輸出に対する比率等により米国法の規制を受けることを指します。つまり、いったん米国から輸出されたものが、その後、輸出先から第三国あるいは第三国の特定の使用者向けに再輸出される場合、米国からの直接輸出が規制されていれば、再輸出においても同等の規制を受けることです。」

引用:安全保障貿易保障センター

ここで説明したのは輸入規制のごく一部であり、それぞれの国にはこのように輸入に関して規制されてる内容が多いのです。

出品時などさまざまなトラブル

海外販売をすると商品が未着になったり、配送途中で破損していたりと様々なトラブルに見舞われることがあります。実際に商品が相手の手元に届くまで様々な場所を経由するため、これらのトラブルがあった場合はひとつひとつ状況を確認する必要が出てきます。

そのため日本で販売する以上にトラブル対応に時間や手間がかかってしまうことがあるのです。

為替変動がある

為替は毎日変動しており、場合によっては大きく1日で変動する場合もあります。この場合は為替予約をするなど対応が必要になります。為替予約とは一定の為替相場で取引をする方法のことをいいます。

為替の動き方によってはせっかく商品が多く売れても、為替の動きによっては逆に損をしてしまうことがあるので十分に日頃から為替の動きを把握しておくことが大切です。また為替が大きく動くような政治的な出来事などがあった場合にも把握しておくようにしてください。

日本から輸出禁止のものもある

以下のように日本が輸出禁止をしているものもあります。特に著作権があるものに関して注意が必要です。

「麻薬、向精神薬、大麻、あへん、けしがら、覚せい剤、児童ポルノ
特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、著作隣接権、育成者権を侵害する物品
不正競争防止法第2条第1項第1号から第3号まで又は第10号から第12号までに掲げる行為を組成する物品」

引用:税関

カントリーリスクがある

戦争などによる治安の悪化や性事情で通関ルールが変更になることがあります。突然これまで扱っていた商品が輸出禁止になったり様々なカントリーリスクが発生することがあります。このため越境ecをする上で相手国の状況を常に把握しておく必要があるのです。

配送サービスに注意

どの配送サービスを利用するかで、配送にかかる時間や費用またサービスなど様々なことが異なります。また配送に対応している国もサービスによって異なりますので十分に内容をよく知り配送サービスを選ぶ必要があります。

また配送上での未着や破損などのトラブルに対しての対応もよく確認するにしてください。 配送上でのトラブルは海外販売では特にありがちなので、トラブル対応は特に気をつけることが大切です。

おすすめの代行会社

海外販売は販路を広くするなど多くのメリットがあります。しかし販売先の輸入に関する規則や、関税などの手数料など多くの手続きをする必要があります。また日本ではないようなトラブルもありがちなのが海外販売と言えます。 そこで代行会社を利用することによって、これらの手間を全て省くことができます。しかし代行会社といってもそれぞれにサービスが異なるため、どのサービスでもいいというわけではありません。

おすすめの代行会社として、BeeCruiseの「BuyeeConnect」をご紹介させていただきます。

BeeCruiseの「BuyeeConnect」には以下のような特徴があります。

  • 月額4,950円
  • タグ設置だけde簡単
  • 118の国と地域に発送可能

またすでに以下のように実績もあります。
・越境EC支援実績2500サイト以上
・海外会員250万人保有

月額4,950円とリーズナブルである他に、タグの設定だけで EC サイトを海外ユーザーに提供することができます。 「英語や中国語などができない」「コスト面で心配」「発送する手間がかかる」 などとお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

少しでも興味をお持ちの方は以下のURLをクリックしてください。

https://beecruise.co.jp/infra/buyeeconnect/

ここまで海外販売の方法に関して、それぞれメリットとデメリットをふまえて特徴を説明してきました。しかしどの方法を取るにしても知識と経験がある程度必要になります。そこで代行会社を利用することによって安心して海外販売を進めることができるのです。

低コストで国内店舗やECサイトの集客をサポート

2,000サイト以上の海外販売をサポートしてきたBeeCruiseでは、海外のお客様をより増やすためのプロモーション・コミュニケーションの企画・運用をサポート致します。また、配送・インフラ構築につきましてもお気軽にご相談ください。

>世界中のユーザーに日本の商品を届ける クロスボーダーコマースを展開する

世界中のユーザーに日本の商品を届ける クロスボーダーコマースを展開する

BEENOSグループが創業以来蓄積してきたノウハウ・データを活用し、 BeeCruiseは日本企業の海外進出を応援します。

CTR IMG