海外商品の代理購入にかかる値段の相場を紹介|オススメの代行会社5選

「海外の商品を輸入したい」
「代理購入サービスの値段相場はいくら?」
「できるだけ安価に代理サービスを使う方法は?」

海外サイトや卸サイトから商品を購入する際に、自国からでは輸送やアカウントの問題で購入できない場合があります。
そんな時に利用したいのが代理購入サービスです。自国への輸入ができることはもちろん、現地語を必要とせず、破損を軽減してくれるため高価な商品の輸入も安心です。
この記事では、そんな海外からの代理購入サービスを利用した輸入におけるメリット・デメリット、さらに代理購入サービスでかかる具体的な値段相場について紹介します。

海外から代理購入する代理購入サービスとは

代理購入サービスとは、自国からでは購入できない海外商品を代理で購入してくれるサービスです。現地での交渉が必要な卸商品や、現地住所がないと購入できない物の購入まで幅ひろく対応しています。

海外商品を代理購入サービスで購入するメリット4選

海外商品を代理購入サービスで購入するメリットを以下4つ紹介します。

  • 海外通販で直接輸入できない商品を輸入可能
  • 現地語が不要
  • 手数料計算がシンプル
  • 検品により破損率が下がる

それぞれ見ていきましょう。

海外通販で直接輸入できない商品を輸入可能

一部の海外通販サイトでは、日本への輸入を行っていない場合があります。そんな時に代理購入サービスを利用すれば、日本への輸入をサポートしてくれるのです。
日本未上陸の新商品など、個人では輸入ができない商品も代理購入の利用で日本へ持ち込めます。

現地語が不要

代理購入サービスを利用すれば、現地の言葉を使うことなく輸入ができます。日本語対応の代理購入サービスへ依頼するだけで、後は全てスタッフが対応してくれるからです。
日本語で欲しい商品の輸入数やURLを伝えるなど、簡単な依頼だけで面倒なやり取りなく輸入できるのは代理購入の嬉しいメリットと言えます。

手数料計算がシンプル

代理購入サービスでは、一般消費者が簡単に依頼できるように手数料をシンプルにしている場合が多いです。
例えば、本体代金+送料+手数料などのように、簡単なコスト計算での料金表がほとんどです。シンプルな料金設定は依頼がしやすく、初心者の方も安心して依頼ができるでしょう。

検品により破損率が下がる

代理購入サービスは輸出国にある自社倉庫にて一度検品し、再梱包の後に日本へ配送する仕組みを備えています。また再梱包時には、破損リスクを下げるため頑丈な段ボールや梱包材を追加してくれる会社もあります。
配送が雑な印象のある海外だからこそ、検品による破損率の減少はメリットが大きいと言えますね。
なお現地で検品してもらうことで販売者による詐欺商品の購入リスクを下げることも可能です。

海外商品を代理購入サービスで購入するデメリット3選

海外商品を代理購入サービスで購入するデメリットは3つです。

  • 手数料などの値段が高い
  • 粗悪な業者に注意
  • 継続的に手数料がかかる

それぞれ見ていきましょう。

手数料などの値段が高い

代理購入サービスを利用することで、個人輸入ではかからない転送手数料などがかかります。委託会社によっては、手数料が商品代金より高くなってしまうこともあるでしょう。
ただし、代理購入サービスが個人輸入より必ずコスト面で高いとは言えません。理由は、代理購入サービスでは、配送業者と直接契約し配送料金を下げているからです。
個人輸入よりも配送料が安価になるため、数少ない商品を輸入する場合はトータルコストで代理サービスの方が安いケースがあります。
手数料はかかりますが、委託した時のサポート面やトータルコストを含めて検討することが肝心です。

粗悪な業者に注意

代理購入サービスには、粗悪な業者が存在します。ライセンスが必要のない代理購入サービスは、誰でも簡単にサービスを始められることが原因です。
粗悪な業者へ依頼すると、法外な手数料がかかったり、商品発送が行われなかったりします。そのため、依頼する代理購入サービスは安全かどうか、過去の実績やレビューなどから総合的な判断が必要です。

継続的に手数料がかかる

代理購入サービスの利用をすれば、継続的な手数料がかかります。そのため、定期的に仕入れを行う法人企業などは、手数料を細かくチェックする必要があるでしょう。
1点100円の差だったとしても、100点で10,000円の損失になるのでかかる手数料は細かく確認しておくのがオススメです。
次項では、海外の代理購入でかかる値段の相場について詳しく記載していきます。

海外の代理購入でかかる値段の相場

海外の代理購入でかかる値段の相場をここでは見ていきましょう。

  • 仕入れ代行手数料
  • 検品手数料
  • 通関代行料
  • 国際送料
  • 関税
  • 転送手数料
  • 為替手数料
  • 雑費

仕入れ代行手数料

  • 仕入れ代行手数料(相場):商品価格に対して(約)7%~10%

仕入れ代行手数料とは、仕入れにかかる手数料を指します。販売先との交渉を行う現地スタッフにかかる人件費、在庫保管料・契約書作成業務などの経費が含まれます。

検品手数料

  • 検品手数料(相場):商品価格に対して(約)7%~10%

検品手数料とは、商品の色・サイズ・商品仕様・破損などを検品し、再梱包・仕分けをする梱包資材・人件費などの手数料を指します。

通関代行料

  • ・通関代行料(相場):(約)11,800円

通関代行料とは、インボイス・運賃明細書・包装明細書などの作成から申請にかかる手数料です。通関代行の手数料は2018年の法改正により上限額が撤廃されたものの、ほとんどの会社で11,800円の値段で設定されています。

国際送料

  • 国際送料:貨物の重量と運輸経路で価格が変動
  • 中国→日本:100元~120元/1kg 200元~280元/5kg

国際送料とは、海外から日本へ商品を届ける際にかかる送料を指します。航空便・船便など運輸経路の選択で値段が変わります。また重量が増えるに連れて、1kgあたりの値段が割引されます。

関税

  • 個人輸入の関税:商品の小売価格×0.6×関税率
  • 商用輸入の関税:(商品の仕入価格+日本までの送料+保険料)×関税率

関税とは、自国の産業を守るために輸入品に課せられる税金です。個人輸入・商用輸入によってかかる税率が異なります。関税は上記の式にもあるように個人輸入の方が課税額が低いです。
また関税率は商品により異なるため、品目を税関ホームページで確認の上算出する必要があります。例えば、小物類と毛皮を利用したコートを比べると、10%以上の税率に差があります。
ただし、EPA(経済連携協定)を結ぶ国では関税が大幅に優遇される点もおさえておきましょう。

転送手数料

  • 転送手数料(相場):(約)1,000円~1,500円/1回

転送手数料は、通販サイトやショップが日本への輸送をしていない場合に一度代理購入サービスが運営する現地の倉庫へ送り、再度日本へ発送する際の手続きでかかる値段です。

1回の転送手数料は、1,000円~1,500円が相場です。

為替手数料

  • 為替手数料(相場):仕入れ・転送手数料に+1ドル・+1元など

為替で輸入時の商品価格が変動した時に、請け負う会社が損失を出さないようにするための手数料を指します。

雑費

  • 自社都合のキャンセル料金:商品価格に対して(約)10%
  • 保管料金(30㎠):(約)500円/10日

雑費には、自社都合で商品をキャンセルした場合や、一時的に倉庫へ商品を納品する場合にかかります。代理購入サービスごとに内訳は異なります。

代理購入サービスごとに値段が異なる理由

代理購入サービスごとに値段は大きく異なります。理由は、各手数料における設定コストが異なるためです。また委託する業務範囲が広がることで、依頼料は大きく上昇します。
とくに現地スタッフへ直接商談したり、検品箇所を増やしたりする場合は、手数料が自ずと高額になってしまうでしょう。
代理購入サービスの値段を安くしたい場合は、出来る限り自社で対応できる箇所を増やすのがポイントです。

代理購入サービスを選ぶポイント7選

代理購入サービスを選ぶポイントは7つあります。

  • 料金体系
  • カスタマーサービスにおける対応の早さ
  • コミュニケーションの品質
  • 配送・支払い方法が選べるか
  • 会社の得意分野をチェック
  • サービス内容の取捨選択ができるか
  • 希望する商品が取り扱えるか確認する

それぞれみていきましょう。

料金体系

代理購入サービス選びで大切なのは、まず料金体系です。単発の依頼はもちろん、継続の依頼になれば100円の差で大きく値段がかわります。
料金体系でまず最初にチェックしたいのが国際送料です。依頼先によって同じサイズでも値
段が異なります。

また合わせて月額料金にも注意しましょう。月額料金が請求される代理購入サービスでは、配送料金が安価になりやすく、大量の商品を輸入する場合にコストダウンが図れます。
一方、単発利用の場合は月額料金分がマイナスになるため、あまりオススメできません。依頼時に単発・長期のどちらで依頼するかを考慮して料金体系を選択するのがベストです。

カスタマーサービスにおける対応の早さ

カスタマーサービスの対応が早いかどうかも、代理購入サービス選びのポイントです。カスタマーサービスの対応が早い会社は、輸入スピードも早く急なトラブルに迅速な対応ができます。
一方でカスタマーサービスの対応が遅い会社は、商品の返品やトラブルがあった場合にすぐに返送してもらうことができません。ひどい場合は、購入後すぐに返品依頼をしたにも関わらず、輸入されてしまケースもあります。安価な代理購入サービスだと、カスタマーサービスが正しく機能していないケースもあるのでしっかりと確認しましょう。

コミュニケーションの品質

代理購入サービス利用時に、コミュニケーションの品質も確認が必要です。日本語でのコミュニケーションが取れるスタッフだとしても、言葉が上手く伝わらないことがあります。
一部の会社では対応するスタッフが外人で、日本語の会話が成立しにくいことが起因しています。
検品不良や希望商品が届かない原因にもなるので、コミュニケーションの品質にも気を配りましょう。

配送・支払い方法が選べるか

代理購入サービスの配送や支払い方法が選択できるかをチェックしましょう。自分に適したサービスを選択ができると、コストダウンや利便性の向上につながるためです。
例えば配送方法において、航空便・船便を選べた方が良いでしょう。商品を早く輸送するのに適した航空便と、時間がかかっても輸送費をコストダウンしたい船便を使い分ければ、効率的な輸入サービスの利用が可能になります。またJCBやmaster、PayPalが使えないなど、支払い方法に制限があるケースもあるので自社の決済方法に適しているかを確認しましょう。

会社の得意分野をチェック

代理購入サービスは、会社によって得意分野が大きく異なります。例えば、中国・ヨーロッパ・アメリカなど、輸入国の得意分野にも会社ごとに特徴があります。
得意な国・商品を依頼することで、より安価なルートの買い付けができ、コストダウンや継続発注が可能です。
まずは代理購入サービスがどの国のどんな商品を仕入れているかを知っておくことが大事ですね。

サービス内容の取捨選択ができるか

サービス内容の取捨選択ができるかも確認しておくのが良いでしょう。委託するサービス内容で無駄なポイントを省くことで、より安価な輸入ができるからです。
例えば、買い付け・検品などの自社で対応できるものは、省きコストを抑えられるか確認しておきましょう。

希望する商品が取り扱えるか確認する

希望の商品や輸入する商品点数を扱えるかどうかを確認しましょう。個人輸入のみ扱う会社の場合、品目や輸入数に限度があるためです。
大量に定期輸入を検討する場合は、大手企業との取引実績や船会社と直接つながりのある代理購入サービスを利用するのが良いでしょう。

海外の代理購入サービスでオススメな代理購入サービス5選

海外の代理購入サービスでオススメなのは5つです。

  • malltail(モールテール)
  • スピアネット
  • 輸入com
  • WE LOVE EU
  • Buyee

それぞれみていきましょう。

malltail(モールテール)

  • アメリカ・韓国・ヨーロッパに対応
  • 最短3日で届ける迅速対応
  • シンプルな料金設定

malltail(モールテール)は、アメリカ・韓国・ヨーロッパから代理購入をする会社です。現地で購入した商品は再梱包してまとめられるので、配送コストが安くなります。
また首都圏に在住の方は、商品購入から最短3日で届けることが可能です。急ぎで希望商品の輸入を検討している場合に利用がオススメですね。
料金体系は、「商品代金+配送代金+手数料」というシンプルな設定なので、輸入が初めての方も問題なく利用ができます。

https://jp.malltail.com/jp_wp/import/

スピアネット

  • アメリカからの輸入に対応
  • 売上税を非課税にできる
  • 破損リスクを軽減

スピアネットは、アメリカ専門の代理購入サービスです。Amazon.com・ebay・ウォルマートなどはもちろん、小規模なストアからの仕入れにも対応。
また同社は拠点をオレゴン州に構えているため、購入時に課税される売上税がかかりません。アメリカの商品をコストをおさえて仕入れることができます。
破損リスクの少ない丁寧な梱包も心掛けており、安心した代理購入ができるでしょう。

http://www.spearnet-us.com/

輸入com

  • 2015年の配送エラーは0.002%
  • 丁寧で安心できる梱包
  • 上限なしの保険に対応

輸入comは、アメリカからの輸入をサポートする会社です。2015年の配送エラーは0.002%と圧倒的な実績を持ちます。
丁寧な梱包を心掛けており、万が一破損した場合でも上限なしの保険に加入しているため安心です。利用は個人・法人問わず可能で、購入した商品も現地倉庫から送られてくる写真で確認ができます。
また、値段も転送料金のみが加算されるシンプルなサービスなのも嬉しいポイントです。絶対安全に輸入したいという方に最適なサービスですね。

http://www.u-new.com/

WE LOVE EU

  • EUからの輸入を専門にした会社
  • 個人はもちろん、法人利用も可能
  • コンビニ・銀行払いに対応

WE LOVE EUは、EUからの輸入を専門にした会社です。オランダ・スペイン・イタリアなどの通販サイトから輸入ができます。
個人だけでなく法人利用もできるので、定期的な輸入を検討している方にもオススメです。また簡単に見積もりが取れるため、まずはいくらになるか見積もり依頼してみるのが良いでしょう。
支払いはクレジットカードだけでなく、コンビニ・銀行支払いに対応しています。

https://www.play-net.co.jp/eu/#

Buyee

  • 日本の商品を海外から購入できる代理購入サービス
  • 世界中に届く広い配送エリア
  • 多彩な決済方法&保証サービス

Buyeeは、日本国内の商品を海外から購入できる代理購入サービスです。例えば、海外在住の際に、日本の食べ物やDVDなどを日本のサイトから代理購入して配送してくれます。
同サービスの梱包はとても頑丈で、海外発送による破損を大きく軽減しています。万が一、
輸送中の破損があった場合、保障サービスにより商品代金を全額返金してくれるので安心です。
日本の商品をヨーロッパ・アフリカ・中近東・東アジア・東南アジア・オセアニア・北米・中米・南米と幅ひろく発送対応が可能です。価格帯も安く、スタンダードプランでは1商品500円~の利用ができ、業界で最安値での輸送を行っています。
決済方法も多彩で、VISA・JCB・PayPal・ALIPAYなど広く対応可能です。海外在住の方で日本の商品を海外へ輸送したい場合は、同社の利用がオススメです。

https://www.tenso.com/jp/static/guide_buyee_index

まとめ

自国へ代理購入サービスを使って輸入すれば、欲しい商品が簡単に手に入ります。通関手続きなど自社で行う複雑な業務を緩和し、ストレスのない輸入になります。
また代理購入サービスを利用するのであれば、まず値段についても確認しましょう。定期的に依頼を検討しているなら、自社で賄える業務は省いてしまうのが最適です。
代理購入サービスを上手く活用し、お得な値段で欲しい商品を輸入しましょう。

低コストで国内店舗やECサイトの集客をサポート

2,000サイト以上の海外販売をサポートしてきたBeeCruiseでは、海外のお客様をより増やすためのプロモーション・コミュニケーションの企画・運用をサポート致します。また、配送・インフラ構築につきましてもお気軽にご相談ください。

>世界中のユーザーに日本の商品を届ける クロスボーダーコマースを展開する

世界中のユーザーに日本の商品を届ける クロスボーダーコマースを展開する

BEENOSグループが創業以来蓄積してきたノウハウ・データを活用し、 BeeCruiseは日本企業の海外進出を応援します。

CTR IMG