越境ECの運営には中学生レベルの英語で対応!?注意点やポイントを解説

世界では英語を公用語や準公用語としている国は54カ国にもなり、総人口は21億人を越えています。そんな中、現在日本国内にてECサイトを運用している方や今後海外ECにビジネスを展開していきたいと考えている方にとって、「言葉の壁」が高いからと海外進出を諦めてしまう方も少なくありません。

「やっぱり高い英語力が必要なのでは?」
と考えますよね。
結論から言うと、高い英語力が無くても越境ECの運営はできます。
とはいえ高レベルの英語を話せるメリットや気をつけるポイントがあるのも確かです。
そこでこの記事では英語を使って越境ECを運用したい方へ向けて「英語を使った越境ECは難しいことではない」と理解していただくため、越境ECビジネスで勝ち抜くための解決方法を詳しく紹介します。

具体的には、

  • 越境ECにどのくらいの英語力が必要なのか?
  • 英語レベルが高いメリット・英語レベルが低いデメリット
  • 越境ECで英語対応する5つの手段
  • 越境ECで英語対応する際に気をつけるべきポイントとは

について解説していきます。

この記事を読んで新たなフィールドでビジネスを展開する後押しになれば嬉しいです。

越境ECにどのくらいの英語力が必要なのか?

越境ECサイトを運用するには、まずサイトの登録・商品説明情報の入力・顧客のメールでのやり取りなど常に英語を使うこととなります。しかし実際のところ越境ECの運用には、どのくらい英語力が必要となるのでしょうか。

中学生レベルの英語で対応可能

冒頭でもお伝えしたとおり越境ECビジネスを運用するには、それほどハイレベルな英語力は必要ありません。もちろん英語スキルが高いことに越したことはありませんが、中学生レベルの英語で海外市場への参加ができます。
実際に「イーベイ・ジャパン」が行った調査では越境ECで販売している約7割の方が「基礎や日常会話ができるレベルであれば十分」と回答しています。
越境ECサイトによって異なりますが、EC販売事業者は英語ネイティブではない方も多くいます。不適切な言葉や乱暴な言葉使いをしない限り、たとえ多少の単語や文章の誤りがあったとしても中学生レベルの英語を使って問題ありません。 
英語をネイティブとしたユーザーにとって快適にインターネットショッピングを利用するためには、もちろん正しい文法や表現をする方がスムーズにはなるでしょう。

大切なのは相手の質問の意図を理解すること

英語レベルより重要なことは、ユーザーからの質問や依頼している内容の意図を正しく理解してあげることです。返信には綺麗な英文を作ろうとわざわざ長文にすることではなく、シンプルかつ短い文章を心掛けることが大切。そして自分がターゲットにしているユーザーに適切に伝わる文章を意識するなど、工夫することが重要です。
問い合わせをやりとりするユーザーは、下手な英語だからとクレームをつける人は稀なので大きな不安を抱える必要はないでしょう。
また、国内ECを行っているときと同様に、ユーザーからの質問内容は基本的にパターンが決まってくる傾向にあります。そのため返信する英文も同じくパターン化してくるので、よく来る質問内容と回答は社内共有をしておくことで不安なくスムーズに対応できてくるでしょう。

英語レベルが高いメリットと英語レベルが低いデメリット

越境ECを運用する際に、英語レベルを高めるメリット・デメリットはどこにあるのでしょうか。これは英語だけでなく、中国語・韓国語などその他の多言語対応でも同じことと言えるのでぜひ参考にしてみてください。

英語レベルが高いメリット

1.幅広いターゲットを狙える

日本人に向けたECサイトを運用する際、日本人または日本語が読める外国人と限られてしまいます。しかし英語表記であれば、英語を第一言語とするアメリカ・カナダなどの国や、第二言語として英語が使われるシンガポール・フィリピン・インドなどのアジア圏から、ドイツ、イタリアなどのヨーロッパ。さらには、ナイジェリア、南アフリカなどのアフリカ圏やオーストラリア、ニュージーランドまでターゲットにすることができます。

また地域によって微妙に言葉のニュアンスやスペルが違ってきますので、販売している英語圏がどの英語を使っているか理解しておくと良いでしょう。
例えば「色」という単語はアメリカなら「color」イギリスでは「colour」、
「お気に入り」の場合、アメリカなら「favorite」イギリスでは「fovourite」などの違いがあります。
英語レベルが高ければさまざまな国とやり取りができ、ターゲットを広げることができるので越境ECをやる上では大きなメリットになります。

2.ユーザーにとって商品説明の理解度が増し、購買意欲を高める

英語で表記できると、ユーザーは快適にショッピングができます。理由は商品の説明を詳しく理解できるからです。国内ECでもそうですが、商品の価値・魅力を伝えられなければユーザーは購入してくれません。
例えばPCのパーツを売るとしたら、適合機種や年代などを細かく伝えなければユーザーは商品を買っていいいかどうか分かりませんが、高い英語力で商品の価値・魅力を伝える事ができればそれだけユーザーの信頼度もアップします。
ユーザーがインターネットショッピングで買い物をする際は、アップされている写真と理解度が高いテキストによって判断します。越境ECに限らず消費者の購買意欲を高めるには、ユーザーの感情を動かすことが重要ですので英語で表記できるのは越境EC運営で非常に有利になります。

3.ショップ内の口コミや評価内容が読める

商品を購入されなければショップは成り立たないので、売り上げはとても重要なことです。しかし売上と同じく良い口コミや評価をしてもらうことも大切です。
その理由として購入前のユーザーは、口コミや評価欄を見て購入するかどうかを判断基準にしているからです。
例えば評価欄に「商品の説明が足りなかった」というコメントがあれば、ユーザーに伝わるような説明を追加することができます。「メッセージでのやり取りで対応がうまくいかなかった」という内容なら、その日から対応する方法を変えるなど、問題点をすぐ見つけ出し解決方向へと導くことができます。
また、自社やライバル他社ページにある口コミ内容を見ることで、成果を上げるためのマーケティングにもつなげることができます。

4.英語でSNSでの告知ができる

SNSユーザー数は2020年現在、全世界で39億6000万人となっています。そのため全世界で約ECサイトの運営にはInstagramやFacebookなどのSNSと連動して発信をすることが重要です。SNSを活用すればECサイトを利用していないユーザーも見ることができるので、商品を認知してもらえたり新規顧客の集客にもつながります。
また費用が高いWeb広告よりリーズナブルに宣伝できるため、コストを抑えて売上アップすることが期待できます。
広告費を上げればそれだけ多くの人に見てもらえる可能性はありますが、越境ECを始めたばかりで広告にかけれる費用が少ない場合もあるでしょう。英語ができない場合やSNSの運用方法が分からない場合はSNS運用代行業者に依頼することも可能ですが、当然コストがかかります。自社でSNS運用が出来る場合は短い時間でユーザーに新しい情報を届けることができます。

近年では集客だけでなく、SNSで販売から決済までを行えるソーシャルコマースという機能が普及しています。主に「Facebookショップ」「Instagramのショップ機能」などです。ソーシャルコマースを活用することで、購入までのステップが簡単になり売上を伸ばすことに繋げられます。高い英語力を持っていればさまざまな角度からのアプローチが可能になりますので売上アップが期待できます。それだけでなくユーザーとの距離を縮めたりフォロワー獲得にもつながるでしょう。

英語レベルが低いデメリット

1.せっかくのチャンスを逃す可能性がある

ECサイトには数多くの事業者から多くの商品が販売され、事業者は異なっても全く同じ商品を取り扱っていることがあります。そのため他の事業者と差別化を図るためには、ユーザーからの商品に関する問いあわせに対して分かりやすい返答や丁寧な回答をすることが重要です。
商品に興味を持ってもらえても質問に対しての適切な返答ができなければ、ユーザーは思っていた情報が得られず不信感を抱いてしまいます。せっかく良い商品でも英語レベルが低いことでユーザーは情報が得られず、そのまま離脱してしまったり他社に乗り換えられてしまう可能性があります。

2.認知度や信頼性が低いままになる可能性がある

写真では多くの人を惹きつける良い商品を販売していても、開設すぐはよっぽどの認知されたブランドではない限りショップの信頼性や認知度は低いままです。国内ECでも「楽天」や「Amazon」のように大きなショップのほうが信頼性が高いですよね。越境ECでも同じことが言えます。実績がない状態で理解しがたい英文を使ったままのサイトは、購入に結び付けるのは難しいでしょう。

越境ECで英語対応する5つの手段

越境ECを運用するには「問い合わせ・購入手続き・クレーム」などに素早く応対する必要があります。また商品情報を登録する際には、ブランドイメージやターゲットに合わせた言葉使いや表現をすることが重要です。
翻訳に関しては英語力に自信があるのなら自分で対応してもいいかもしれません。しかし他の出品業務や写真撮影の時間を考えるとあまり効率的ではありません。
この項目では英語で対応するためにはどんな方法があるのか、特徴と合わせて5つ紹介します。販売事業者の「予算・商品取引数・英語レベル」などに合わせて適切に選択し、売り上げを伸ばしていきましょう。

1.システムに組み込まれた機械翻訳を使う

機械翻訳には利用するECサイトのシステムに組み込まれたものや、独自サイトに導入した翻訳ツールがあります。「WordPress」を使う場合は自動翻訳プラグインというものがあり、翻訳機能を追加することができます。プラグインは数が豊富なため、どれを選べばいいかわからないこともあるので、その際は対応言語数の多さや評価の高いものを選びましょう。
Webサイトで簡単に調べられるツールにはGoogle翻訳・Weblio翻訳・エキサイト翻訳などがありどれも無料で使うことができます。いずれもボタン一つでテキストを貼り付けるだけですので、コストをかけず短時間で簡単に日本語と英語間の翻訳ができるのが最大のメリットではあります。その反面カタコトの日本語や英語になってしまうことが多く、相手に伝わる言葉に変換されるのかは保証できないので注意が必要です。
先程も言ったとおり国によって意味やスペルが違うので機械翻訳に頼ると、間違って相手に伝わる可能性がありクレームや売上の減少につながるかもしれません。
機械翻訳に制度を求めるのであれば、有料の翻訳ツールを使うといいでしょう。
有料ソフトにはCOTOHA Translator、Zinrai文書翻訳、Mirai Rranslator、T-400などがあります。費用は月額料金のものや1ユーザーごとに発生するものなどさまざまです。その点を考慮し、翻訳にどれくらいコストをかけるのかを決めたうえで導入をすると良いでしょう。

2.ネイティブスピーカーの人材を確保する

自社でネイティブスピーカーや留学経験などがある人を雇い、自社サイトもしくはECプラットフォームの翻訳や問い合わせの対応する人材を確保する方法です。採用する際はターゲットにしている国の現地スタッフを確保するのが最も良いでしょう。
なぜなら現地時間に合わせることで迅速な顧客対応ができるからです。日本だとユーザーの質問が深夜になってしまい、対応が遅れてしまうことも考えられますので。さらに日本語が話せる現地スタッフだとコミュニケーションがとりやすいのと、現地の流行や顧客のニーズを知ることができるというメリットもあります。
また普段の対応時はもちろん、新しい商品を追加する場合などに社内で打ち合わせしたあとすぐに追加登録することが可能です。
しかし現実にはネイティブスピーカーを雇っている業者は少なく、ましてや越境ECを始めたばかりでは人材を雇用する余裕が無いこともあります。
ネイティブスピーカーを採用するのはメリットが大きいですが、売上やコスト面を考えて慎重に判断するのが良いでしょう。

3.自動多言語対応の越境ECサイトを選ぶ

自動で多言語に翻訳してくれる機能がついた越境ECサイトを利用する方法もあります。越境EC運営には言語と通貨が重要ですので自動機能がついている場合は、通貨変換も自動でされるのか、為替レートはどのようになるかなども合わせて確認しておくことが必要です。
なぜかというとユーザーが言語の違うテキストを読むのはハードルが高いうえに、表示されている通貨が違えば自国通貨でいくらなのか計算しなければならないからです。この2点が自動で変換されれば、購入までの道のりがグッと近くなりますので必ず確認しましょう。

4.プロの翻訳サービスに依頼する

フリーランスやプロの翻訳者に、日本語と英語間で翻訳してもらう方法です。通常の翻訳者の他に越境ECサイトの翻訳に強い翻訳事業者もあります。その場合海外SEOの対策ができたり、越境ECでよく使われる言葉を理解しているというような強さを持っています。
より専門的な知識を持っている翻訳者もいますので取り扱う商品によっては大きなプラスになり、売上向上や顧客の満足度を上げることができるかもしれません。
このように大きなメリットが期待できる反面コストがかかってしまうのがデメリットです。フリーランスの翻訳者はコストを抑えられますが能力にばらつきがでることがあるので、信頼できそうな人を探すのに時間がかかるかもしれません。
また普段は無料の機械翻訳を使い、細かい話をするときやクレーム対応のときなどはプロの翻訳家に頼むといったやり方も良いでしょう。

5.越境ECの運用代行サービスに依頼する

越境ECサイトの運営を代行サービス会社へ依頼する方法です。運営代行サービスは越境ECに関する業務を代わりにやってくれます。ネイティブスタッフや多言語を話せる日本人スタッフが窓口となりECサイトを手助けするので、越境ECを始めたばかりの事業者はとても安心できるサービスとなるでしょう。
また運営代行サービスに依頼することによって、事業者が人材を育成しなくても越境ECサイトを運営できるといったメリットもあります。プロに依頼すればそれだけコストは掛かりますが、素早く市場に参入できて安定した運営が可能になります。

運営代行サービスを頼む際は、どこの地域に強いのか、実績、料金を考慮して選ぶことが大切。料金は業者によってばらつきが大きいので、自分の商品との相性やターゲット地域など、運営代行サービス側とのマッチングを考え相性の良さそうなところを選ぶべきです。そうすることで運営代行サービス側とのトラブル防止にもなりますし、考えの違いをなくすことができてコミュニケーションが取りやすくなるでしょう。

越境ECで英語対応する際に気をつけるべきポイントとは

越境ECで英語を使うために一番大切なことは、「相手に伝わる英語」を使うということです。世界のEC市場は2021年には4.76兆ドルになると言われています。ますます市場規模が拡大している越境ECビジネスで勝ち抜くためには、どんなところに気をつけなければならないのか解説していきます。

大事な情報は正確な英語に変換する

越境ECサイトを運用する際にすべての情報を正しい英語に翻訳する必要はありません。近年では海外でそのまま通じる日本語が多く存在します。
例えば食べ物の場合「酒・わさび・たこやき」、文化では「漫画・折り紙・刀・忍者」、その他のジャンルとしては「オタク・可愛い・ポケモン」などが挙げられます。これらの言葉を変に翻訳してしまうとまったく意味が変わってしまう場合があり、ユーザーを混乱させてしまうこともあるでしょう。
翻訳で最も大切なのは「伝えたい商品情報・決済情報・発送方法」について正確な英語、伝わる英語を使うようにすること。不自然なテキストを量産しているとユーザーに不信感を与えてしまいます。相手に意味が伝わらなければ、購入してもらえないだけでなくトラブルの元になります。ターゲット地域を広くする場合は、地域ごとの単語の違いにも気をつけてテキストを作成することが大切。英語の使い方には十分に注意し、ユーザーの信頼性を高め売上アップへと繋げていきましょう。

問い合わせや購入ボタンを明確にする

越境ECで日本製品を購入したいと思うユーザーは、日本限定品でなかなか手に入らないレアなアイテムを購入したいと思っています。レアな商品は情報が少ないことが多く、とくに初めて見る商品の場合ユーザーは写真と説明文をたよりに購入を検討するでしょう。
商品を購入する前にユーザーが質問の問い合わせをしたいと考えていても、サイト内のどこに問い合わせたらいいのか分からないということもあります。せっかくのチャンスを失わないためにも、問い合わせ先や購入ボタンを明確にして分かりやすく設置しておきましょう。

シンプルな文章と丁寧な文章を心掛ける

問い合わせや購入した際のメッセージでのやりとりには、日本語同様あいさつ文を添えることを心掛けましょう。例えば「ご購入いただきありがとうございます。」「商品に興味を持っていただきありがとうございます。」などのあいさつ文があるのと無いのでは丁寧で親切な印象が大きく変わります。
問い合わせなどのユーザーとのやりとりには機械翻訳や自動翻訳機能を使う場合がほとんどでしょう。その場合難しい言葉や表現をわざわざ使うより簡単な言葉でシンプルに伝えることで、不自然な文章に変換されることが少なくなり相手にも理解してもらいやすくなります。
間違ったまま使い続けることがないように、あいさつ文やよく使う言葉は翻訳サービスを利用するなどしてチェックしてもらうことも大切です。

ターゲット国に合わせたデザインや色を決める

色のイメージや色の意味合いは、国ごとに異なります。例えば「黒」の場合「高価・優雅」というポジティブイメージがある国がある中で、「怒り・闇」というネガティブイメージを持つ国もあります。そのようにそれぞれの国や文化によって色の意味が全く異なってくることに理解する必要があります。
英語を使った正しい表現ができても、色の意味合いが合っていないと不快に思われる可能性もあります。サイトページのデザインをする際には、ターゲット国を定めてその国にあった色を使うか、シンプルな色使いにして幅広い国に対応できるようにするなどデザインの参考にしてみましょう。

まとめ

越境ECを運営するために必要な英語レベルについて解説しました。

まとめると

  • 越境ECに必要な英語は「中学生レベルで対応が可能」
  • 英語レベルを高めるメリットは「幅広いターゲットを狙える/ユーザーへの理解度と購買意欲を高める/口コミや評価の理解/SNSで告知できる」
  • デメリットは「不信感からチャンスを逃す可能性がある/認知度や信頼性の低下につながる」

  • 越境ECで英語対応手段は「機械翻訳/ネイティブスピーカーの人材確保/多言語対応した越境ECサイトを利用/翻訳サービスへ依頼/運用代行サービスへ依頼」
  • 越境ECで英語対応するポイントは「大事な情報のみ正確な英語に変換する/問い合わせ先を明確にする/シンプルで丁寧な文章を心掛ける/ターゲット国に合わせたデザインや色を選ぶ」

英語に翻訳するためにさまざまな機能を使うことやサービスを利用することで、海外進出のハードルを抑えることにつながります。そして英語を第一言語としているアメリカやカナダなどの国以外にも、公用語として使われるシンガポールやフィリピンなど幅広いユーザーへ届けることで販路を拡大していきましょう。

低コストで国内店舗やECサイトの集客をサポート

2,000サイト以上の海外販売をサポートしてきたBeeCruiseでは、海外のお客様をより増やすためのプロモーション・コミュニケーションの企画・運用をサポート致します。また、配送・インフラ構築につきましてもお気軽にご相談ください。

>世界中のユーザーに日本の商品を届ける クロスボーダーコマースを展開する

世界中のユーザーに日本の商品を届ける クロスボーダーコマースを展開する

BEENOSグループが創業以来蓄積してきたノウハウ・データを活用し、 BeeCruiseは日本企業の海外進出を応援します。

CTR IMG