海外SEO対策に強い代行会社4選|失敗しない選定基準を詳しく紹介

「自社サービスを海外へ広めたい」
「海外のSEO対策についての知識がなくて困っている」
「海外のSEO対策に知見のある代行会社はどこ?」

自社サービスを海外へ広めるために、海外に自社サイトを制作し「SEO対策」を実施する会社は多いです。日本のマーケットと比べ数倍以上の人口数を誇る国をターゲットにすれば、SEO対策の実施で大きく売上を伸ばすことができるでしょう。

ただし海外のマーケットには、日本のライバル企業よりも多くの競合が存在することも考慮しなければなりません。SEO対策の知識がないまま闇雲にSEO対策をはじめるだけでは、成果を出すのが難しいと言えます。

そこでこの記事では、海外のマーケットや現地の競合他社についての情報を加味した上でコンサルティングができる代行会社を4社紹介します。また代行会社の選定基準や選ぶ注意点についてもふれているので、ぜひご覧ください。

SEO対策とは

SEO対策とは検索エンジン最適化を意味し、検索エンジンから理解・評価を得られるWebサイトになるように最適化することを指します。
Webサイトが検索エンジンから評価を得れば、特定のキーワードにおける検索順位が上がり、ユーザーからアクセスが獲得しやすくなるのです。
具体的なSEO対策には、コンテンツをユーザーの意図にそって制作するコンテンツSEOやナチュラルリンクやサイテーションを得る外部施策。
さらにページ速度を上げて利便性を図る内部施策などがあります。SEO対策を実施するためには、対策項目をひとつずつ適切に実施することが大切です。

海外SEO対策で必要になる考え方

SEO対策を理解いただいたところで、次は海外でSEO対策を行う際の考え方について見ていきましょう。海外SEO対策でまず考慮したいのが「検索エンジンの選定」です。
国内の場合は、GoogleやYahoo!、bingなどの検索エンジンから使用率が高いGoogleの検索エンジンを選び、SEO対策をすればいいでしょう。
しかし海外では検索エンジンの使用率が国によって異なります。例えば、以下をご覧ください。

  • 【世界の検索エンジン使用率】
  • 日本:Google(75.66%),Yahoo!(14.23%),bing(9.56%)
  • アメリカ:Google(81.73%),bing(11.04%),Yahoo!(4.2%)
  • ロシア:Google(56.06%),YANDEX(41.7%),Mail.ru(1.17%)
  • 中国:Baidu(82.51%),Sogou(7.62%),bing(3.45%)
    • 上記を見て分かるようにGoogleが1位の使用率を誇る国もあれば、中国のようにBaiduが使用率トップの検索エンジンとして選定される国もあります。
      ターゲットとなる国において「どの検索エンジンを使用してSEO対策を実施するのが適切か?」を検討することが重要です。
      例えば世界的に使用率の高いGoogleを選定した場合で考えて見ましょう。Googleでは、適切なコンテンツの定義を「キーワードで検索した人の検索体験を最大化する」としています。
      つまりGoogleのコンテンツ制作では、ユーザーの検索意図に応え、検索体験を最大化できる有益な情報が詰まったコンテンツ作りがSEO対策に必要なことがわかります。
      このように検索エンジンの意向を理解し、それぞれの検索エンジンに合ったSEO対策を実施していくことが多様な検索エンジンのある海外のSEO対策では求められるのです。

      海外SEO対策を行うメリット

      海外SEO対策を行うメリットは3つあります。

      • 狙ったターゲットから流入が見込める
      • 安定的に検索ユーザーの流入が期待できる
      • 国内から自社コンテンツを海外へ告知できる
        • それぞれについて見ていきましょう。

          狙ったターゲットから流入が見込める

          海外SEO対策を行うことで、狙ったターゲットからの流入が見込めます。SEO対策の実施で、ターゲットの検索結果へ自社コンテンツを上位表示させられるためです。
          例えば、ターゲットが海外の自社サイトに対しSEO対策を実施したい場合に「海外SEO対策 手順」と検索すると想定しましょう。
          そこで企業側が「海外SEO対策 手順」で上位表示できるようSEO対策すれば、ターゲットを自社コンテンツへアクセスさせられます。
          このようにSEO対策では、狙ったターゲットの検索結果に自社コンテンツを上位表示できるので、狙ったターゲットからの流入が見込めます。

          安定的に検索ユーザーの流入が期待できる

          海外でSEO対策を実施すれば、安定的な検索ユーザーの流入が期待できるでしょう。SEO対策により上位表示されれば、ユーザーからのアクセスが安定的に続くためです。
          基本的に約80%のユーザーは、検索結果の1ページ目にあるサイトをクリックすると言われています。つまりSEO対策により1ページ目の上位に表示されたサイトは、アクセスにつながりやすいのです。
          海外で自社コンテンツを広めたいとお考えであれば、SEO対策による検索結果での上位表示は集客においてとても有効だと言えるでしょう。

          国内から自社コンテンツを海外へ告知できる

          海外SEO対策の実施で、ネット環境さえあれば国内に居ながら自社コンテンツを海外へ告知できます。海外への移動コストや人件費がかからず、コストを抑えながら自社コンテンツを海外へ広められるのです。
          海外SEOに対する知識や手順についてもネット上の情報を頼りにある程度は進めることができ、現地の言葉がなくても外部委託やコンサルティングの利用で解決します。

          海外SEO対策を行うデメリット

          一方で、海外SEO対策を行うデメリットは3つあります。

          • 発信先の言語が必要
          • 運営に時間がかかる
          • 成果が出るとは限らない
            • それぞれについて見ていきましょう。

              発信先の言語が必要

              海外SEO対策では、発信先となる地域の言語が必要になります。現地のターゲットが理解できる現地語のコンテンツ制作が必要なためです。
              注意したいのが日本語からの翻訳ツールを使ったコンテンツ制作です。翻訳ツールを使い日本語から多言語へ翻訳を行った場合、文章が直訳になり意味が伝わりづらいコンテンツが出来上がるためです。
              ユーザーが理解しづらいコンテンツは、GoogleだとSEO対策として不適切なため、検索順位が下がります。

              基本は現地語のできるSEO対策に詳しいライターを採用してコンテンツを制作します。海外SEO対策に詳しいコンサルティング会社には、現地の外部ライターをアサインできる会社も多いので上手く活用するのもオススメです。

              運営に時間がかかる

              海外SEO対策を自社で実施する場合、運営に時間がかかるデメリットがあります。海外SEO対策で必要なコンテンツ制作を行うために、少なくとも以下のような項目の実施が必要です。

  1. 対策キーワード作成
  2. 競合の調査
  3. コンテンツ作成
  4. リライト
  5. 効果分析
  6. リライト
    1. 一連の流れを進め、また適切にSEO対策になるポイントを実践していくには多くの時間コストがかかります。
      また海外SEO対策では現地の調査や分析により競合や対策キーワードの調査を行う必要があるため、知識ゼロの状態からはじめるにはハードルが高いと言えるでしょう。

      成果が出るとは限らない

      自社コンテンツに対しSEO対策を項目に沿って進めても、成果が出るとは限りません。検索エンジンのアップデートや競合他社による戦略変更、悪質な被リンクによるペナルティなど、様々な要因で成果が上がらない可能性があるためです。また一から自社コンテンツを立ち上げSEO対策を進めていく場合、自社に合った効果的なSEO対策の見極めは難しく、時間コストが余分にかかるでしょう。
      もし成果が上がる確率を少しでも上げたいと考えるのであれば、海外SEO対策に関する知識と経験に富んだコンサルティング会社へ依頼してみるのもひとつです。

      海外SEO対策を依頼する代行会社の種類

      海外SEO対策を依頼する代行会社には以下5つの種類があります。

  • 外部リンク対策型
  • 成果報酬型
  • SEO対策とWebサイトがセット
  • コンテンツマーケティング型
  • SEOコンサルティング型
    • それぞれについて見ていきましょう。

      外部リンク対策型

      海外SEO対策を行う代行会社の種類1つ目は「外部リンク対策型」です。外部リンク対策型
      とは、被リンクをメインにSEO対策を提案する代行会社を指します。
      メインのWebサイトへのアクセスを増やすために立ち上げるサテライトサイトからの被リンクや、代行会社の運用するWebサイトからの被リンクでSEO対策を図ります。
      ただし品質の低いサイトからの被リンクや被リンクをお金で購入する手法は、Googleの場合においてペナルティの対象になります。
      「代行会社の提案内容にペナルティになる要素がないか」を確認し、契約する必要があるでしょう。また外部リンク対策型の支払い方法は、ほとんどが月額料金体制です。

      • 【料金帯】
      • 月額料金=3キーワード=3~15万円/月
        • 成果報酬型

          海外SEO対策を行う代行会社の種類2つ目は「成果報酬型」です。成果報酬型の特徴は、成果が確定した後に報酬の支払いが発生する点にあります。
          例えば「4ヵ月後に「海外SEO対策 コンサルティング」というキーワードで上位3位までに入ります!」のような提案の上、SEO対策が進みます。SEO対策の具体的な施策内容については、基本的に非公開です。
          そのため自社にノウハウが蓄積されづらいデメリットがあります。注意点は成果を出して報酬が確定する成果報酬型の場合、ペナルティになるギリギリの施策でSEO対策をする代行会社が存在することです。
          成果報酬型の代行会社を選定する際は、口コミや企業のバックグラウンドなどを調査してから依頼するのが最適です。

          • 【料金帯】
          • 成果報酬=1キーワード=500円~5,000円/日
            • SEO対策とWebサイトがセット

              海外SEO対策を行う代行会社の種類3つ目は「SEO対策とWebサイトがセット」の代行会社です。Webサイト制作とSEO対策の施策がセットになった代行会社を指します。
              海外向けのWebサイトを新規で立ち上げ予定の会社は利用がオススメです。ドメイン、サイトマップ、プライバシーポリシーなどのWebサイトに必要な各種項目の設定に対応してくれます。
              またWebサイトの立ち上げから代行会社が携わることで、SEO対策に強いサイト作りが可能になり、検索順位が上がりやすい特徴があります。しかし費用面においてWebサイトの制作も含まれることから高額です。

              • 【料金帯】
              • 一括払い=50~200万円
                • コンテンツマーケティング型

                  海外SEO対策を行う代行会社の種類4つ目は「コンテンツマーケティング型」です。コンテンツマーケティング型とは、記事の質を高めSEO対策を実施する代行会社を指します。
                  Googleが掲げる「キーワードで検索した人の検索体験を最大化する」という基準を満たすような高品質な記事の制作をしてくれます。
                  記事の品質が高まればWebサイトへアクセスするリピーターが増え、売上を伸ばすことにつながるでしょう。
                  ただし記事の品質が高くても掲載する記事数が少ないと適切なSEO対策につながりません。高品質な記事を大量に制作してもらうために、費用面について若干余裕を見ておく必要があるでしょう。

                  • 【料金帯】
                  • 一括支払い=1記事=5,000~20,000円
                    • SEOコンサルティング型

                      海外SEO対策を行う代行会社の種類5つ目は「SEOコンサルティング型」です。SEOコンサルティング型は、SEO対策の課題解決に向けた施策の立案や運用を代行してくれる代行会社です。
                      また一から海外SEO対策を実施する会社の利用にも適しおり、SEO対策の手順を一からアドバイスして効率的にSEO対策を進めることが可能です。
                      SEOコンサルティング型は、ヒアリングを通して自社に合う戦略を選定し導いてくれます。課題をヒアリングで明確化してノウハウを共有しながら進められるコンサルティング型は、自社にSEO対策の知識が蓄積されやすく、成果につながりやすい手法だと言えます。

                      • 【料金帯】
                      • 月額料金=10~30万円
                        • 海外SEO対策における代行会社を選ぶポイント

                          ここでは海外SEO対策における代行会社を選ぶポイントについて、6つのポイントを紹介します。

                          • ノウハウが吸収できる代行会社を選ぶ
                          • 担当者との相性を考慮する
                          • 業務範囲を明確にしておく
                          • 過去実績をチェックする
                          • 金額面だけで判断しない
                          • コンテンツマーケティングを重要視していか確認する
                            • それぞれ順番に見ていきましょう。

                              ノウハウが吸収できる代行会社を選ぶ

                              海外SEO対策における代行会社を選ぶポイントの1つ目は、ノウハウが吸収できる代行会社を選ぶことです。海外SEO対策における具体的な手法を開示してくれる会社を選ぶことで自社にノウハウが蓄積され、その後の成長につながります。例えば海外SEO対策における手順を公開しない会社の場合、いくら成果が出ても自社での復元性はなく代行会社へ依存状態になるでしょう。
                              依存状態が続くと、進行スピードや商品の売上など自社でコントロールが効かなくなる可能性があり危険です。基本は自社にノウハウを蓄積し、上手く海外SEO対策を進めていくのが健全です。

                              担当者との相性を考慮する

                              海外SEO対策における代行会社を選ぶポイントの2つ目は、担当者との相性を考慮することです。SEO対策を実施する期間は早くて数か月、長期になると年単位になるため、相性の合う担当者を選ぶことでストレスなくSEO対策を進められます。オススメなのは専門用語を分かり分かりやすく説明し、自社の状況やコンテンツの状況に応じてヒアリングを親身に対応してくれる担当者です。自社に合う担当者を見つけるためにも、何社か面談を重ねてみるのが良いでしょう。

                              依頼範囲を明確にしておく

                              海外SEO対策における代行会社を選ぶポイントの3つ目は、依頼する範囲を明確にすることです。代行会社への依頼範囲が曖昧だと、どこからどこまでが自社で対応すべきかわからず、連携が取りづらくなります。
                              例えば、海外SEO対策の各施策において「アドバイスだけか?」、もしくは「運用代行まで実施してくれるか?」など、具体的な依頼範囲を確認しましょう。

                              過去実績をチェックする

                              海外SEO対策における代行会社を選ぶポイントの4つ目は、過去実績をチェックすることです。過去どのような会社に対してコンサルティングを行ってきたかを確認することで、海外SEO対策に対して知識があるかどうかの判断材料になるためです。また会社だけでなく、担当者の過去実績も調べておくとより安心できる代行会社の選定につながるでしょう。
                              とくに医療やお金関連のコンテンツ制作を予定している会社は、SEO対策で「YMYL」の領域になるため業界知識に富んだ代行会社を選ぶ必要があります。

                              金額面だけで判断しない

                              海外SEO対策における代行会社を選ぶポイントの5つ目は、金額面だけで判断しないことです。SEO対策でかかるコストは主に「人件費」なので、コストが安いということはそれだけ少人数でSEO対策が進みます。
                              人員を割かなければSEO対策ができる範囲は限られてしまうため、結果的にコストが安い代行会社の成功確率は低くなるでしょう。金額面だけで判断せず、具体的な施策の範囲と合わせて確認する必要があります。

                              コンテンツマーケティングを重要視していか確認する

                              海外SEO対策における代行会社を選ぶポイントの6つ目は、コンテンツマーケティングを重要視していか確認することです。GoogleをSEO対策する場合、コンテンツの品質を高めユーザーへ価値を提供するコンテンツマーケティングが重要視されています。もちろんGoogle以外の検索エンジンをSEO対策する場合は、コンテンツを重視する必要がない場合もあるかもしれません。しかし現在、検索エンジンがコンテンツを見抜く力は向上し、テクニカルなSEO対策では結果が出にくくなっているのが現状です。

                              今後、コンテンツマーケティングを重要視する検索エンジンは増えていくと予想されるでしょう。

                              海外SEO対策を代行会社へ依頼する際の注意ポイント2選

                              海外SEO対策を代行会社へ依頼する際の注意ポイントは2つあります。

                              • 「成果が必ず出る!」と謳う代行会社は注意
                              • 契約する期間に注意
                                • それぞれを見ていきましょう。

                                  「成果が必ず出る!」と謳う代行会社は注意

                                  海外SEO対策を代行会社へ依頼する際に「成果が必ず出る!」と謳う代行会社には注意しましょう。SEO対策では前述したように検索エンジンがコンテンツの評価を下し、検索順位を決定します。
                                  また検索順位を決める厳密な評価基準については公開されていません。つまり海外SEO対策では、目標とする検索順位に表示させるために、コンテンツの量産やリライトで試行錯誤を繰り返す必要があるのです。
                                  そんなSEO対策に対して「成果が必ず出る!」という代行会社は、契約を取りたいだけで話をしている可能性があるため注意しましょう。

                                  契約する期間に注意

                                  海外SEO対策を契約する期間に注意しましょう。一部の代行会社には解約に明確な定めを設けないケースがあるためです。
                                  SEO対策はお伝えしたように、成果が必ず上がるものではありません。従って柔軟に代行会社を切り替えたり、途中解約をしたりする必要があります。
                                  解約の際に明確な契約の期間が定まっていないと、解約時にトラブルになる可能性があるでしょう。基本的には数か月間の契約を設定し、長くても1年間を目途にするのが良いでしょう。

                                  海外SEO対策に強みのある代行会社4選

                                  海外SEO対策に強みのある代行会社は4つあります。

                                  • ワークシフト・ソリューションズ株式会社
                                  • 株式会社インターアド
                                  • 株式会社インフォキュービック・ジャパン
                                  • BeeCruise株式会社
                                    • それぞれの会社について見ていきましょう。

                                      ワークシフト・ソリューションズ株式会社

                                      • 外国人ワーカーを使ったコンテンツ制作
                                      • 自社に合う最適なキーワード選定を提案
                                      • ディレクション業務に対応

                                      ワークシフト・ソリューションズ株式会社では、海外のSEO対策において自社にマッチする最適なキーワード選定をキーワードプランナーを使い調査してくれます。
                                      同社は4万人の外国人ワーカーを独自のコネクションで抱えているため、現地に合ったコンテンツ制作のサポートに対応可能です。またキーワード選定からコンテンツ制作、編集までのディレクション業務も受付ています。

                                      SEO対策を総合的にサポートしてくれるので、海外SEO対策が初心者の方にも安心です。

                                      サイトURL:http://workshift-sol.co.jp/

                                      株式会社インターアド

                                      • 広告を使ったSEM対策に対応
                                      • 企画の立案からヒアリングしてくれる
                                      • GEOターゲティングの実施

                                      株式会社インターアドでは、SEO対策はもちろん広告運用のSEM戦略まで提案してくれます。「広告とSEO対策で早く結果を出したい!」そんな事業者の方にはオススメの代行会社です。
                                      また一から海外のSEO対策をはじめる場合も、企画から立案までヒアリングを通して進めてくれます。位置情報を使った広告運用であるGEOターゲティングの対策にも精通しているので、多面的に海外へ自社コンテンツを広めることができるでしょう。

                                      サイトURL:https://www.interad.com/jp/

                                      株式会社インフォキュービック・ジャパン

                                      • 15年の実績を誇る海外SEO対策
                                      • 多言語によるSNS運用
                                      • 多国籍のライターは執筆からリライトまで対応

                                      株式会社インフォキュービック・ジャパンは、海外SEO対策の知識が豊富な15年の実績を誇る会社です。多言語でのサイト制作はもちろん、多言語によるSNSの運用まで依頼ができます。

                                      サイトとSNSの相性は良いため、同時に情報を現地へ発信することで多様なユーザーの獲得につながるでしょう。またコンテンツ制作は多国籍のライターが執筆するため、正確な伝わりやすい情報を現地へ届けることが可能です。

                                      サイトURL:https://www.infocubic.co.jp/our-solutions/content-production/

                                      BeeCruise株式会社

                                      • 120ヵ国へサービスを展開
                                      • 海外への広告配信をサポート
                                      • 現地の流行やトレンドの情報から戦略を立案

                                      BeeCruiseは、120ヵ国へサービスを展開する海外支援をメインに活動するコンサルティング会社です。現地ごとの流行やトレンドの情報をいち早くキャッチし、依頼主に合わせた戦略を立案できます。
                                      また多言語を使った広告配信をサポートしており、現地の言語でターゲットに向けた訴求が可能です。海外のSEO対策はもちろん、各国の影響力を持つインフルエンサーのアサインにも対応。
                                      東南アジアや中国、北米の影響力のあるインフルエンサーによるSNS戦略は、SEO対策との同時進行で集客拡大が期待できるでしょう。もし海外SEO対策について検討しているようなら、気軽に相談してみてください。

                                      サイトURL:https://beecruise.co.jp/

                                      まとめ

                                      海外SEO対策は代行会社の利用により、知識がない会社でも大きく成果を上げることができます。また成果を上げるだけでなく、SEO対策における知識の吸収やコンサルティング会社のヒアリングにより海外での自社の強みを再確認できるでしょう。ただし利用する代行会社の選定には気を付けてください。安易に成果か出ると謳う会社や、悪質な被リンクによる施策、自社にノウハウが共有されない代行会社など、不適切な会社との契約には注意が必要です。海外SEO対策を代行会社に任せて、自社のサービスを海外で広めてみてはいかがでしょうか。

低コストで国内店舗やECサイトの集客をサポート

2,000サイト以上の海外販売をサポートしてきたBeeCruiseでは、海外のお客様をより増やすためのプロモーション・コミュニケーションの企画・運用をサポート致します。また、配送・インフラ構築につきましてもお気軽にご相談ください。

>世界中のユーザーに日本の商品を届ける クロスボーダーコマースを展開する

世界中のユーザーに日本の商品を届ける クロスボーダーコマースを展開する

BEENOSグループが創業以来蓄積してきたノウハウ・データを活用し、 BeeCruiseは日本企業の海外進出を応援します。

CTR IMG