海外のSEO対策を代行会社へ依頼する費用は?海外SEO対策業者4選

「海外サイトで自社コンテンツを上位表示させたい」
「海外サイトのSEO対策を代行会社へ依頼する費用相場は?」
「海外のSEO対策を効果的に実施できる企業はどこ?」

自社コンテンツを海外サイトで上位表示させるために、SEO対策ができる代行企業を調べる企業は多いです。

そんな時ポイントになるのが、「依頼に際していくらぐらいかかるのか?」という代行会社へ支払う費用面ではないでしょうか。

この記事では、そんな自社コンテンツを上位表示させるための代行会社の費用相場、さらに海外SEOを外注業者へ依頼するポイントから具体的な外注先までご紹介します。

海外SEO対策の考え方

まずは、海外SEO対策についての考え方からお伝えしていきましょう。
そもそもGoogleの検索エンジンにおける上位表示に適したコンテンツの考え方は、「キーワードを検索した人の検索体験を最大化する」ということです。
つまり、特定のキーワードで検索したユーザーを満足させるコンテンツを提供できるサイトが、海外SEO対策を考えるうえで重要になります。
以前のSEO対策は、テクニカルな方法で上位表示を狙うことができました。
しかし、Googleの検索エンジンにおける進化によってテクニカルな方法での上位表示は難しくなっています。
Googleのページ判定におけるアルゴリズムに優良なコンテンツだと認識してもらうためには、検索してきたユーザーへ価値を提供し満足してもらうコンテンツ作りが必要です。
つまりテクニカルな部分だけではなく、ユーザーの体験を最大化できるようなコンテンツ作成を重視している企業を選ぶことが大切になります。
また上記はあくまでGoogleを軸としたSEO対策になり、国ごとにGoogle以外の検索エンジンが主となるケースも珍しくありません。
もし検索エンジンがGoogle以外の場合は、検索エンジンに対す知識が代行会社にどれぐらいあるかを見極めることが重要です。

海外SEO対策を実施するメリット

海外SEO対策を実施するメリットはどこにあるでしょうか。
ここでは、海外SEO対策を実施するメリットについて以下2つをご紹介します。

  • 長期での集客につながりやすい
  • 国内にいながら海外マーケットへコンテンツをPRできる

メリットをご紹介したのちデメリットについてもふれるため、メリット・デメリットを比較して導入の検討材料にしてみてください。

長期での集客につながりやすい

海外SEOを実施するメリットは、長期的な集客につながることです。
国内SEOを実施するメリットと同様に、一度上位に表示されたコンテンツは継続した表示が期待できます。
そのため、良質でコンパ―ジョン率が高い自社のコンテンツを海外サイトで長期的にSEO対策できていれば、安定的な集客につなげられるというメリットがあります。
また代行会社への依頼は最初のうちはコストがかさみますが、上位表示されるコンテンツが増えれば料金を抑えて利益拡大につなげることも可能です。

国内にいながら海外マーケットへコンテンツをPRできる

海外SEO対策は、オンラインで完結できるため現地に赴くことなくネット上で海外マーケットに自社コンテンツを広められるメリットがあります。
オンライン上で完結できるSEO対策であれば、現地で行うリアル集客よりも数倍の時間とコストを削減できます。
また現地へ向けた個人でのコンテンツ作成やSEO対策はかなりの労力が必要ですが、プロの代行会社へ依頼すればスピード感のあるSEO対策が期待できるでしょう。

海外SEO対策を実施するデメリット

海外SEO対策を実施するメリットについてお伝えしたところで、次項では海外SEO対策を実施するデメリットについてご紹介します。

  • 他言語の必要性
  • ノウハウを蓄積するまでに時間がかかる

詳しい内容についてそれぞれお伝えしましょう。

他言語の必要性

海外SEO対策を実施するデメリット一つ目は、多言語の必要性です。
海外で自社コンテンツを作る場合は、現地の言葉に合わせた記事を作成していく必要があります。
たとえば海外のコンテンツを作成する際に、日本語を翻訳機能で訳し海外へアップロードする方がいますがおすすめできません。
理由は、翻訳機能の利用は直訳となり、意味が伝わらない不自然な文書になるためです。
そのため、現地の読者に響くコンバージョンの上昇が見込める記事作成には、日本語を正確に翻訳できるライター、もしくは専門スタッフによる翻訳作業が必要になります。

ノウハウを蓄積するまでに時間がかかる

海外SEO対策を成功させるには、現地に即したウハウの蓄積が必須です。
たとえば、需要ないコンテンツをいくら量産しても利益は見込めません。
そのため自社で完結する場合、成功までのノウハウ蓄積にはかなりの労力が必要になります。

海外SEO対策における一連の流れは以下です。

  1. 対策キーワード作成
  2. 競合の調査
  3. コンテンツ作成
  4. リライト
  5. 効果分析
  6. リライト

調査や分析においては、現地語の理解や競合のニーズの調査が必要になるため、ノウハウと現地の言語を理解しておく必要があります。

外注先で変わるSEO対策における費用相場

海外SEO対策におけるメリット・デメリットについてここまでお伝えしました。

ここからはSEO対策を代行する会社を以下5つの種類に分け、それぞれの費用相場から詳細についてご紹介します。

  1. 成果報酬型SEO対策
  2. 外部リンク対策
  3. WebサイトセットのSEO対策
  4. コンテンツマーケティング
  5. 業務委託
  6. SEOコンサルティング

それぞれについて具体的に記載していきましょう。

成果報酬型SEO対策

まず1つ目は、成果報酬型のSEO対策を行う代行会社です。
成果報酬型と名前にあるように、上位表示されて結果が出た後に初めて費用を支払うSEO代行会社です。
たとえば、「数か月後に〇〇というキーワードで3位へ上位表示させます」のようにコミットした後にSEO対策を代行してくれます。
対策内容は一般的に非公開となっていますが、主にサテライトサイトの作成や内部SEOに対する施策がメインです。
ただし注意ポイントとして、成果が出ないと報酬を受け取れないため無理にSEOを上げる施策を打つ業者が存在します。
コンテンツがペナルティを受ける可能性も上がるため、業者選定は慎重に行いましょう。

【料金帯】

成果報酬=1キーワード=500円~5,000円/日

外部リンク対策

2つ目は、外部リンク対策を主にする代行会社です。
外部リンク対策で上位表示を狙う会社は、成果報酬型と同様にサテライトサイトや、自社のWebサイトからの被リンクでSEO対策をします。
ただし、成果報酬型と違い費用は前払いです。
費用帯は狙うキーワードによって異なりますが、3~4キーワードの場合は約15万円/月、ビックワードだと数倍になります。
注意点として被リンクを購入して量産する手法は、Googleが公式で禁止しているためぺアルティの対象です。
依頼する前にペナルティの危険性があることを覚えておくのが良いでしょう。

【料金帯】

月額料金=3キーワード=3~15万円/月

WebサイトセットのSEO対策

3つ目は、WebサイトとセットのSEO対策を行う代行会社です。
海外のSEO対策を行う企業は、海外Webサイトの構築から始める企業も多いでしょう。
そんな時に使いたいのが、WebサイトとセットのSEO対策です。
名前の通りWebサイトの構築を1から代行でき、ドメイン、サイトマップ、プライバシーポリシーに至るまでSEO対策を実施してくれます。
また、1から依頼するためSEO対策に強いWebサイトの作成ができ、SEO対策における上位表示を比較的、早く達成することが可能です。
ただしWebサイトの構築に1から携わるため、価格が高く50万円~料金がかかる業者がほとんどです。

【料金帯】

一括払い=50~200万円

コンテンツマーケティング

4つ目は、コンテンツマーケティングを行う代行会社です。
コンテンツマーケティングを行う代行会社は、記事の質を高め顧客の流入数をSEOで上げるサービスを行っています。
記事の質を最大限まで高め、顧客がリピートになるようなリライトを分析し効果的なSEO対策を行ってくれます。

【料金帯】

一括支払い=1記事=5,000~20,000円

業務委託

5つ目は、フリーランスの海外ライターと業務委託契約を交わしそれぞれ単価を決めて委託する方法です。
文字単価ごとに価格を決めているのが一般的で、企業に比べて料金を安く抑えることができます。
しかし、フリーランスは個々の能力がバラバラなため、SEO対策を理解できる個人を判断するために労力がかかります。

【料金帯】

契約単位=1記事=1,000~10,000円

SEOコンサルティング

6つ目は、SEOコンサルティングを行う企業です。
SEOコンサルティングは、企業の抱える問題を解決するためにコンサルティング業務から入り改善を試みる会社です。
SEOに特化にしているため、SEO対策における課題をヒアリングで浮彫にして対策を講じてくれます。
総合的な判断をマネージメントしながら進めてくれるので、結果が出やすく効果の高いSEO対策が期待できます。

【料金帯】

月額料金=10~30万円

海外SEO対策の依頼ポイント

ここまでは、海外SEOに関する料金体系を詳しくお伝えしました。
さらにここからは、海外SEO対策における代行会社を選ぶポイントについてご紹介します。

  • 依頼する記事の品質には注意が必要
  • コンテンツマーケティングを活用する
  • ノウハウが学べるSEOコンサルティングを選定

それぞれの内容について詳しく記載していきましょう。
依頼する記事の品質には注意が必要
海外SEO対策をするために、依頼して作成される記事の質には注意が必要です。
たとえば、お伝えしたようなフリーランスへの依頼であれば記事単価は安く記事が量産できるでしょう。
そのため、記事を多く執筆したい企業にとって適切だと思われがちです。
しかし海外サイトで上位表示をするためには、読者の満足度を向上させ1記事1記事の質を高めることが重要です。
もちろんフリーランスだけでなく、SEO対策を行う業者においても記事の品質にはチェックがかかせません。

コンテンツマーケティングを活用する

コンテンツマーケティングの活用は、Webサイトの作成においてとても重要視されています。
コンテンツマーケティングとは、価値の高いコンテンツを作り新規顧客を定着したリピーターに育てるマーケティングです。
ひと昔前であれば、コンテンツの質が不十分でも新規顧客だけで利益が取れました。
しかし近年SNSの情報発信により、コンテンツを見極められる顧客が増えリピーターなしでは充分な売上確保ができなくなりました。
Webサイトの質を上げることは大変ですが、一度リピーターを作れば継続的な利益を獲得できます。
長期的な利益が望めるコンテンツマーケティングは、海外SEO対策において活用したい手法です。

ノウハウが学べるSEOコンサルティングを選定

SEOコンサルティングを選定すれば、SEO対策におけるノウハウを学ぶことができます。
SEOコンサルティングはWebサイトの状況を分析し、問題点の洗い出しから改善に向けての情報をいち早く見極められるためです。
すでに海外にコンテンツを持っている企業はもちろん、コンテンツ作成からスタートする企業まで幅広くサポートができます。
また、コンサルティングを実施する企業の場合、中小企業向けのローコストなプランを持つ会社もあるので、価格で諦める前にまずは会社同士を比較するのが良いでしょう。

海外SEO対策を依頼できる外注先

海外SEO対策で依頼できる外注先をここでは以下4つご紹介します。

  • BeeCruise株式会社
  • ECBB株式会社
  • 株式会社インターアド
  • ワークシフト・ソリューションズ株式会社

それぞれ外注先の特徴について詳しくお伝えしましょう。

BeeCruise株式会社

「サービス展開国120ヵ国」
「多言語による広告配信をサポート」
「国ごとに最も適した訴求方法を提案」

BeeCruiseは、サービスを展開している国が120ヵ国以上を誇るWEBマーケティングに強い代行会社です。
多言語による広告配信サポートを行い、現地に適した訴求方法を提案します。
また海外SEO対策の他に、インフルエンサーマーケティングにも対応。
東南アジアや中国、北米などから自社コンテンツに適切な最も影響力のあるインフルエンサーをアサイン可能です。
国ごとの訴求方法や実績で得た経験から、適切な自社コンテンツの訴求方法を提案できるので迷ったら相談してみてください。

サイトURL:https://beecruise.co.jp/

ECBB株式会社

「外国人エディタによる海外SEO対策が可能」
「グローバル戦略に特化した企業」
「検索エンジンへの登録代行」

ECBB株式会社は、コンテンツ作成を外国人エディタによるライティングで行ってくれます。
また、グローバル戦略にも精通しており、自社においてもバングラデシュやタイ、アフリカなどでビジネスを展開しており海外におけるSEO対策もノウハウがあります。
さらに、英語での対応が必要になる検索エンジンの登録手続きや、トラブルによる対応に置いても代行スタッフが正確に対応。
もちろん窓口は日本人になるので、詳しい相談内容や方向性についても日本語でしっかりと共有ができます。

サイトURL:https://ecbb.co.jp/

株式会社インターアド

「海外SEOのみならずSEM戦略まで」
「コンサルティングまでトータルサポート」
「GEOターゲティングを実施」

株式会社インターアドは、海外におけるSEO対策のみならずリスティング広告を含めたSEM戦略まで提案してくれます。
また、コンサルティングとしてもサポートしてくれるので、企画の立案から分析、サイト管理やキャンペーン管理など、ニーズに合わせた対応の提案が可能です。
さらに、スマホからの位置情報を分析し、ターゲットに配信するGEOターゲティングも実施しています。
細やかなサポートから、総合的なサポートまで依頼ができる柔軟な会社です。

サイトURL:https://www.interad.com/jp/

ワークシフト・ソリューションズ株式会社

「現地における最適なキーワードの選定」
「4万人の外国人ワーカーによるコンテンツ作成」
「現地に合わせたコンテンツを作成するディレクション」

ワークシフト・ソリューションズ株式会社は、海外における自社コンテンツに最適なキーワードをキーワードプランナーを中心に調査してくれます。
現地ニュースによる現地人しか知り得ないトピックのピックアップも可能です。
また、ワークシフトには4万人の外国人ワーカーがいるため、海外のコンテンツを効率よく執筆することができます。
さらに執筆したコンテンツを精査、編集するディレクション業務を行い、SEO対策実施による上位表示が期待ができます。

サイトURL:http://workshift-sol.co.jp/

まとめ

海外のSEO対策ができる代行会社へ依頼する際は、まず海外SEO対策の考え方を理解する必要があります。
お伝えしたように、現在のSEO対策で重要なのは「キーワードを検索した人の検索体験を最大化する」ことです。
そのため、大きくズレた対策をする代行会社は利用する前にしっかりとチェックして除外してください。
海外SEO対策は長期的な戦略になりますが、一度でも上位表示できれば売上を安定的に確保可能です。
海外SEO対策を実施して、利益拡大を目指しましょう。

低コストで国内店舗やECサイトの集客をサポート

2,000サイト以上の海外販売をサポートしてきたBeeCruiseでは、海外のお客様をより増やすためのプロモーション・コミュニケーションの企画・運用をサポート致します。また、配送・インフラ構築につきましてもお気軽にご相談ください。

>世界中のユーザーに日本の商品を届ける クロスボーダーコマースを展開する

世界中のユーザーに日本の商品を届ける クロスボーダーコマースを展開する

BEENOSグループが創業以来蓄積してきたノウハウ・データを活用し、 BeeCruiseは日本企業の海外進出を応援します。

CTR IMG