海外SEO対策を無料で実施する方法を紹介!成果を上げる手段とは?

「自社サービスを海外へ広めたい」
「コストをかけずに海外販路を開拓したい」
「海外SEO対策を無料で実施する方法について知りたい」

自社のサービスや商品を海外へ広げるために、サイトを使ったWebマーケティングに注目する企業は多いです。Webサイトに対し上手くSEO対策ができれば、安定的な売上確保ができます。
ただし海外でSEO対策を正しく実施するためには、海外SEO対策の最新動向や運用手順などの情報が必要です。知らないままに進めると時間だけ消費してしまうケースも。
そこでこの記事では、海外SEO対策を無料で実践する方法と、無料で実施する際のメリット・デメリット、さらに海外SEO対策の情報をまとめた外部サイトを3つ紹介します。

SEOとは

SEOとは検索エンジン最適化のことで、コンテンツを検索エンジンに合わせて最適な状態に改善することを指します。
検索エンジンにとって自社コンテンツが最適な状態だと評価されれば、コンテンツの検索順位が上がり、ユーザーからのクリック数が増加します。
なお検索エンジンからの評価を得るためには、読者のニーズに合ったコンテンツ制作や信頼できるサイトからの被リンクなどをもらう施策が必要です。
SEO対策を適切に行うための手段を学び対策をすれば、自社コンテンツを上位表示して効果的な見込み客の流入が目指せるでしょう。

海外SEO対策で必要な考え方

海外のSEO対策を実施する際に、選ぶ検索エンジンによってSEO対策の方法が違うことを覚えておきましょう。検索エンジンごとにSEOに関する考え方が異なり、SEO対策の進め方に違いがあるためです。
例えばGoogleの場合は、コンテンツをアップした後「インデックス登録をリクエスト」にてインデックス登録を実施します。
一方で中国のサイト百度(バイドゥ)では、インデックス登録前に中国工信部へWEBサイトの登録申請が必要です。中国工信部へ申請しておないとインデックスされないケースもあるようです。
このように検索エンジンによってSEO対策の進め方は大きく異なります。検索エンジン毎にSEO対策の進め方を理解し、施策を行うことが肝心です。

海外SEO対策を無料で実施するメリット

海外SEO対策を無料で実施するメリットは3つあります。

  • 見込み客へアプローチできる
  • 自社にノウハウが蓄積される
  • コストが削減できる

それぞれ見ていきましょう。

見込み客へアプローチできる

SEO対策の実施により、見込み客へアプローチをかけることができます。SEO対策を実施すれば、特定のキーワードにおける検索順位を上位にできるためです。

例えば、見込み客が海外への自社コンテンツを売りたいユーザーだった場合を想定してみましょう。「海外 SEO対策」「海外販路 コンサルティング」などでキーワード対策をすれば、対策キーワードで上位にコンテンツの表示ができ、見込み客の集客につながります。

見込み客が検索するキーワードを分析してSEO対策をすれば、自社コンテンツの上位表示により見込み客を流入させられるでしょう。

自社にノウハウが蓄積される

外部業者へ委託することなく海外のSEO対策を実施すれば、コストがかからず自社にノウハウが蓄積されます。
外部へ委託せずにSEO対策を実施するには、自社内で一から海外のSEO対策における手法を学び、運用まで行う必要があるためです。

例えば検索ユーザーの意図の分析や、自社コンテンツの権威性や専門性を高めた制作、サイト管理や最新情報の取得など、運用しているうちに豊富な実体験を積めるでしょう。
無料で海外のSEO対策を実施すれば、最新の海外SEO対策に関する運用ノウハウが蓄積されます。

コストが削減できる

海外のSEO対策を無料で実施できれば、コンサルティングや外部ライターへの委託など外注コストをカットできます。コストカットして海外SEO対策を進めたい企業にとって、嬉しいメリットと言えます。
外注費を削減し海外のSEO対策に関する情報を得るには、国内外のWebマーケティング会社が掲載する記事や、検索エンジンが公開するSEO対策に関する資料を確認しましょう。

例えば、GoogleではSEO対策をする方法について「Do you need an SEO?」「Steps to a Google-friendly site」など、豊富な資料を公開しています。
無料で参考にできるので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

海外SEO対策を無料で実施するデメリット

海外SEO対策を無料で実施するデメリットを3つ紹介します。

  • 現地に合った言葉が必要
  • 知識を吸収するために時間がかかる
  • 成果を出すのが難しい

それぞれみていきましょう。

現地に合った言葉が必要

海外SEO対策を無料で実施するには、現地に合った言語を使えるライターの準備が必要です。現地語に即したコンテンツを制作できるライターがいないと、コンテンツ制作ができないためです。
よくある注意点として、現地語でのコンテンツ制作をする際は翻訳ツールの利用を控えましょう。翻訳ツールを使い日本語から現地語へ翻訳した場合、直訳となり意味が伝わりづらいコンテンツが出来上がるためです。
また言語だけでなく、言葉のニュアンスやSEOに沿ったコンテンツ制作ができているかも重要です。基本的に、現地語ができSEOに知識があるライターの起用が必要になります。

知識を吸収するために時間がかかる

海外のSEO対策を無料で行う場合、知識を吸収するために時間がかかります。自社サービスにおけるターゲットの選定から海外市場の動向、検索エンジンのSEO対策についての知識など、幅広い情報を学ぶ必要があるためです。もちろん知識と合わせて運用面での人員配置も肝心です。一般的なSEO対策されたコンテンツを制作する際は、以下のような流れになります。

  1. 対策キーワード作成
  2. 競合の調査
  3. コンテンツ作成
  4. リライト
  5. 効果分析
  6. リライト

ひとつひとつの工程に対して、知識が必要なため多くの時間コストがかかるでしょう。

成果を出すのが難しい

海外のSEO対策を実施する場合、自社に情報が少ない状態で運用すると成功確率が下がってしまうでしょう。自社だけでは、最新のSEO対策に関する情報を知ることが困難で、適切な運用が難しいためです。
例えば、コンサルティング会社では多数の会社をSEO対策にてサポートしています。そのため他社企業のリアルな市場動向や最新のSEO対策におけるアップデート事例など、自社だけでは知り得ない情報の蓄積が可能です。そのため、最新情報からライバル企業の情報まで分析し戦略を立てられるコンサルティング会社と比べ、自社のみで完結するSEO対策は成果が出にくいと言えます。

海外のSEO対策を実施して素早く効果をあげるなら、SEO対策に知識のある代行会社やコンサルティング会社への委託もひとつです。

無料で実施できる海外SEO対策

無料で実施できる海外SEO対策には、以下3つの施策があります。
  • コンテンツSEO
  • 外部対策
  • 内部対策

それぞれについてみていきましょう。

コンテンツSEO

コンテンツSEOとはユーザーの検索意図をふまえた品質の高いコンテンツ作りを発信して、自然検索からの集客を狙うSEOです。
コンテンツSEOを実施する際には、以下3つを意識する必要があります。

  • 検索ユーザーの検索意図を分析する
  • YMYLに注意する
  • 権威性や専門性を高める

それぞれ見ていきましょう。

検索ユーザーの検索意図を分析する

コンテンツSEOでは、ユーザーにとって質の高いコンテンツを提供するために、ユーザーの検索意図を分析します。
なおユーザーには検索する意図が必ず存在します。検索意図は主に3つにわけることが可能です。

  • 情報型:情報を得たい「SEO対策 方法」
  • 取引型:アクションがしたい「SEO対策 コンサルティング 契約」
  • 案内型:アクセスしたい「SEO対策 Googleサイト」

情報型は情報の理解を得るために検索するユーザーです。例えば「SEO対策 方法」の検索結果には、SEO対策の方法について知りたいユーザーからのアクセスが集まります。
取引型は使い方や購入、動き方など、何かしらの行動をしたいユーザーを指します。「SEO対策 コンサルティング 契約」のように、契約をしたい(行動したい)と考えている分、サービスの成約までが早いのが特徴です。案内型は、サイトやログインページなどのへ向かうために検索されます。「SEO対策 Googleサイト」のように、公式サイトへのログインやアクセスを目的としているため、サービスの成約にはつながりにくいのが特徴です。ユーザーの検索意図を分析しキーワードを狙うなら、情報型と取引型の2つを使いましょう。

YMYLに注意する

コンテンツ制作をする際は、YMYLに注意しましょう。YMYLとはYour Money or Your Lifeの略であり、安全、幸福、人々の健康、経済的な安定に関わる領域を指します。
YMYLにはGoogleの検索品質評価ガイドラインが厳しく設定されており、ガイドラインに引っかかると検索順位が下がる原因になります。
なお具体的なYMYLは、金銭、医療、ショッピング、法的な情報、公的な情報です。コンテンツ制作の際に該当するかどうかをチェックしましょう。

権威性や専門性を高める

GoogleではE-A-Tと言われるコンテンツの評価基準を表した指針があります。E-A-Tは、以下の3つの頭文字が略されたものです。

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

つまり専門性、権威性、信頼性を担保できるコンテンツこそが、SEO対策にかかせないことが示されており、コンテンツSEOを進める際に意識することが肝心です。
例えば、専門性は専門家の意見や一次情報などが該当し、権威性では会社名の開示やドメインパワーが強いサイトからの被リンクなどが有効です。
また信頼性においては、編集ポリシーを公開したり、情報を明確に開示したりすることが該当します。E-A-Tが担保されているコンテンツは、SEO対策になり検索順位の上位表示に寄与します。

外部対策

次に外部施策について3つ紹介します。

  • 被リンクに注意する
  • サイテーションを得る
  • ナチュラルリンクを得る

それぞれにみていきましょう。

被リンクに注意する

外部施策では被リンクに注意が必要です。コンテンツ内容が希薄な不正サイトから被リンク
をもらうと、Googleからの評価が下がる可能性があります。
そのため被リンクをチェックするために、Search Consoleへログインしてリンクが多いページから順に不正サイトからの被リンクがないかを確認しましょう。
また被リンクのチェックを簡易に実行できるツールがあるので、使ってみてください。

サイテーションを得る

外部施策をするためにサイテーションを得ましょう。サイテーションとは、ネット上で会社名やサイト名、テキストURL、住所、さらに電話番号などを言及されることです。
例えばTwitterで「BeeCruise株式会社」という当社の名前が発信されるだけでも、サイテーションを得られます。
テキストで言及されることが前提であり、Google、Yahoo!、ブログ、Facebookなど、ネット上の言及であればサイテーションになります。

ナチュラルリンクを得る

外部施策を実施するためにナチュラルリンクを得ましょう。ナチュラルリンクとは、ユーザーが自社コンテンツに共感して付けられるリンクのことです。
不正な被リンクである「スパムリンク」とは対照的に、ナチュラルリンクを多数受けることでGoogleからの評価が上がります。
信頼されているサイトからのナチュラルリンクは、SEO対策において効果的です。

内部対策

ここではSEO対策について内部対策を3つ紹介します。

  • サイトを分かりやすくする
  • 検索してもらいたいキーワードをコンテンツに入れる
  • ページの表示速度を上げる

それぞれについて見てきましょう。

サイトを分かりやすくする

SEO対策の内部施策では、サイト構造をシンプルに設計します。シンプルで分かりやすいサイト構造を設計すれば、検索エンジンから新規コンテンツをクローリングされやすくなるためです。
なおクローリングとは、検索エンジンのプログラムがサイト上のコンテンツ情報を収集し、検索結果に表示できるようデータベースに登録していくことです。検索データベースに登録されることで、検索結果に表示されるようなります。ただし、サイト構造が複雑に設計されていると情報収集されるまでに時間がかかり、サイトが検索結果に表示されるまでに時間がかかります。
サイトをシンプルにするためには、URL階層を浅くしたり、パンくずリストを設定したりしましょう。また早くサイトの構造を理解してもらうために、XMLサイトマップの送信も有効です。

検索してもらいたいキーワードをコンテンツに入れる

SEO対策の内部施策では、ターゲットが検索するキーワードをコンテンツ内に含めることが有効です。コンテンツ内に多数の検索キーワードが含まれることで、検索エンジン側がコンテンツのメインキーワードになると認識し、検索結果で上位表示されやすくなります。コンテンツ内でキーワードを含める箇所は、タイトルや各見出し、メタ・ディスクリプション、本文などです。
ただしキーワードを含めようと意識しすぎて、意味が伝わらない見出しやタイトルにならないよう注意しましょう。

ページの表示速度を上げる

SEO対策の内部施策では、ページの表示速度を上げましょう。ページの表示速度を上げることでユーザーの離脱を防ぎ、GoogleからのSEOに対する評価が高まります。
ページの表示速度を上げるためには画像を最適化し、HTMLやCSSの余分なコメントアウトや改行の削除などを行いましょう。

海外SEO対策を無料で学べる3サイト

海外SEO対策を無料で学べるサイトが3つあります。

  • Moz
  • Google
  • Search Engine Land

それぞれ見ていきましょう。

Moz

Mozはマーケティング分析に関するソフトウェアを展開、マーケティングに関する知見が深い会社です。マーケッターに対してSEOに関する情報をブログ形式で紹介しており「Beginner’s Guide to SEO」では、10章からなる初心者向けのSEO対策ガイドを掲載しています。
SEOの重要性から実践方法、テクニカルSEOの方法まで記述されています。サイト内には分かりやすい画像やグラフが掲載されているので、SEO初心者の方でも理解がしやすいでしょう。

Google

多くの国で使われる検索エンジンであるGoogle。検索エンジンの運営元から発信される情報なため間違いがなく、正確なSEO対策を進めることができます。
SEO対策において特に注目したいのが「Search Engine Optimization Starter Guide」で、SEOに対しての詳しい内容が言及されています。GoogleのSEO対策を無料で実施するなら、目を通しておきたい内容ですね。

Search Engine Land

Search Engine Landは、Webマーケティングについて情報発信を行う大手マーケティング会社です。元素周期表のようなSEO対策についてまとめたグラフを「Periodic Table Of SEO Success Factors」にて紹介、海外のSEO対策について分かりやすく情報をまとめています。見落とがちなSEO対策について簡潔にまとまっているので、一度利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

海外のSEO対策を無料で進めることは可能です。ただし途中で最新のSEO対策に関する動向、対象国の流行や競合情報、さらに現地語を使ったコンテンツ制作など、無料で進めるのが難しい場面もあるでしょう。
海外SEO対策を進める上でつまづいた場合、海外SEO対策に知見のある専門のコンサルティング会社に相談するのが良いでしょう。無料で対策できない部分のみサポートが受けられ、柔軟な対応でSEO対策を進行できます。海外SEO対策を成功させ、自社のサービスを海外へ広めましょう!

低コストで国内店舗やECサイトの集客をサポート

2,000サイト以上の海外販売をサポートしてきたBeeCruiseでは、海外のお客様をより増やすためのプロモーション・コミュニケーションの企画・運用をサポート致します。また、配送・インフラ構築につきましてもお気軽にご相談ください。

>世界中のユーザーに日本の商品を届ける クロスボーダーコマースを展開する

世界中のユーザーに日本の商品を届ける クロスボーダーコマースを展開する

BEENOSグループが創業以来蓄積してきたノウハウ・データを活用し、 BeeCruiseは日本企業の海外進出を応援します。

CTR IMG