【海外進出】目的別の代行サービスと活用するメリット・デメリットを解説

海外進出を検討するにあたり、社内に経験者がいない場合や十分なリソースがないというのは大きな課題です。その課題を解決する方法の1つとして、社外の代行サービスに依頼する方法があります。今回は、海外進出に活用できる代行サービスを目的別にご紹介し、代行サービスを利用するメリットとデメリットを解説します。

海外営業代行サービス

海外営業代行とは

海外営業代行とは、海外向けの営業活動を代行してもらえるサービスです。自社内に海外営業経験者がいない場合や、人材リソースが不足している場合でも、海外営業代行サービスを利用することで海外の販路拡大が可能になります。販売の代行とは異なり、海外での営業活動を総合的にサポートするサービスです。

海外営業は国内の営業とは異なり、語学力や現地でのネットワーク、現地の商習慣の理解など様々な知識と経験が必要です。海外営業代行業者の中には、海外拠点を持っており既にある現地でのネットワークを活かした営業活動を行なってもらえる会社もあります。

海外営業代行が提供するサービス

具体的なサービス内容としては、外国語のできる日本人の営業経験者や現地の代理人によって営業活動を代行します。海外営業といっても業務は様々で、問合せ対応や海外展示会のサポート、市場の販路開拓など多岐にわたるため、自社が必要とするサービスを選択して利用することができます。

海外営業代行を利用するメリット

海外営業代行を利用するメリットは2つあります。

1つめに、社内に海外営業スキルのある人材がいない場合でも、自社製品やサービスの海外展開が可能になる点です。海外営業にあたり、語学力は大前提として必要であり、進出対象国の言語がわからなければ自社商品の魅力を説明したり、見込み顧客の要望を聞き取ったりすることができません。語学力の他にも、外国語でのビジネス文書作成やプレゼンテーション、また現地の商習慣に合わせたアプローチスキルなど、さまざまなスキルが求められます。

海外営業スキルをすぐに習得するのは難しいため、海外営業代行会社を利用すれば営業担当者のスキルアップを待たなくても自社商品を売り込んでもらうことができるというメリットがあります。

2つめに、海外営業人材が不足している場合に、海外営業代行会社を活用できる点です。海外営業には語学力をはじめ多くのスキルが必要とされるため、即戦力となる人材を採用するのは難しいです。こういった人材不足の際にも、特定の地域に対して海外営業代行を利用することで、海外営業人材の不足を補うことができます。

デメリットとしては、海外営業代行の利用をやめた際に、自社内で海外営業のスキルやノウハウが身についている人材が育っておらず影響を受けやすい点が挙げられます。海外営業代行の利用をやめた後にもスムーズな引き継ぎと更なる販路拡大を図るためには、海外営業代行を利用している間にも、社内人材のスキル向上や営業ノウハウの吸収を行っていく必要があります。

海外発送代行サービス

海外発送代行とは

海外発送代行サービスとは、日本のECサイトから商品を購入したい海外のお客様に対して日本の住所を付与することで購入を可能にし、購入者の住所へ配送を行う代行サービスです。

本来であれば日本国外からの購入ができない商品であっても、海外発送代行サービスを利用することで海外のお客様による購入に対応できるようになります。また、海外発送手続きも代行してもらえるので、社内に海外向けのリソースがなくても、当代行サービスを導入するだけで海外顧客への販売が可能になります。

海外発送代行が提供するサービス

弊社BeeCruiseでは、自社のECサイトへ海外からの購入要望が増えているという企業様向けに、「転送コム」という海外発送代行サービスを提供しており、利用希望企業様に初期費用・導入費用無料でご利用いただけます。

具体的なサービスの流れとしては、一番初めにECサイトに設置されているバナーより海外のお客様が転送コムに会員登録をします。そうすると、「転送コム」倉庫の住所が海外のお客様に付与されます。海外のお客様は付与された住所を使用することで日本の通販サイトで商品を購入します。商品は転送コム倉庫へ発送され、転送コム倉庫より海外のお客様の住所へ発送されます。

海外発送代行を利用するメリット

弊社の海外発送代行サービス転送コムをご利用いただくメリットは、簡単かつ初期費用・導入費用が無料でご利用いただける点と、90万人という会員数の多さです。

企業様のECサイトに「転送コム」の紹介バナーを掲載するだけの簡単な手続きでご利用開始いただけます。現在転送コムに登録している海外の会員数は約90万人で、海外マーケットへ効果的な第一歩として多くの企業様にご活用いただいております。

海外購入代行サービス

海外購入代行とは

海外購入代行サービスとは、自社のECサイトに海外の方がアクセスした際、代理購入サイトを表示して代理購入サイト上で注文を受領できるサービスです。代理購入サイトのスタッフが自社サイトでモノを購入し、国内倉庫住所宛に購入して海外配送をします。

海外購入代行が提供するサービス

弊社BeeCruiseでは、自社のECサイトに海外からのアクセスが来ているという企業様向けに、海外購入代行サービス「Buyee」をご案内しております。

具体的なサービスの流れとしては、まず日本でECサイトを持つ企業様が、商品データをBuyeeに登録します。海外のお客様がBuyeeより商品の注文と支払いを行うと、企業様のECサイト上でBuyeeが代理購入と支払いを行います。その後企業様より購入された商品がBuyeeの倉庫宛に送られ、Buyeeの倉庫から海外のお客さまの住所へ発送されます。

海外購入代行を利用するメリット

弊社の海外購入代行Buyeeをご利用いただくメリットは、4点挙げられます。

1点目に海外向けの物流を構築する必要が無い点です。自社でECサイトを海外向けに対応する場合、ECサイトの多言語対応や海外向けの商品発送といった物流の構築が必要です。しかし海外購入代行サービスを利用していただければそういった手間を省き社内で商品の発送を行う人材を用意する必要がありません。

2点目に4言語でのカスタマーサポートを代行する点です。自社でECサイトを海外向けに展開する場合、海外からの問合せに対応できる人材を自社内で用意する必要があります。弊社の海外購入代行サービスをご利用いただくと、社内にカスタマーサポートの人材がいなくてもBuyeeのスタッフが4言語での問合せに対応します。

3点目に、Buyeeのシステムは海外のクレジットカードに対応している点です。国内向けの決済方法ですと、海外で発行されたクレジットカードの利用ができない場合がありますが、Buyeeの海外購入代行システムを導入すれば他通貨かつ海外のクレジットカードでも決済が可能となります。したがって海外のお客様が商品を購入したくても決済がうまくいかないために購入されないというような決済リスクがありません。

4点目に、国内販売している全ての商品の取り扱いが可能な点です。海外向けに商品を制限する必要はなく、日本国内向けに販売しているのと同様に商品の販売をしていただけます。

海外発送代行サービス「転送コム」と海外購入代行サービス「Buyee」の違い

海外のお客様に自社ECサイトの商品を購入いただける点では同じですが、転送コムでは会員登録と付与された住所での購入を海外のお客様に行なっていただくのに対して、Buyeeでは海外のお客様がBuyee上で商品注文と購入を行うのみとなり、海外のお客様にとってより手間が少なくなります。

また、Buyeeは海外向けクレジットカードにも対応しているので、決済リスクがありません。その他にも、Buyeeでは4言語によるカスタマーサポートがあり、自社で外国語による問合せ対応をする必要がなくなります。

輸出入物流・貿易代行サービス

輸出入物流・貿易代行とは

輸出入物流・貿易代行サービスとは、商品の輸出入業務に関わる様々な業務について経験豊富な事業者が代行するサービスです。商品の輸出入には、外国語での受発注業務からインボイス、パッキングリスト等書類の作成、取引先とのスケジュール調整、官庁や銀行での手続きなど広範囲かつ複雑な業務が伴います。そういった輸出入に関わる様々な業務を、貿易実務経験の豊富な業者が代行するのが、輸出入物流・貿易代行サービスです。

輸出入物流・貿易代行が提供するサービス

弊社BeeCruiseでは、海外発送代行サービス「転送コム」や海外購入代行サービス「Buyee」での海外発送実績を活かした、圧倒的に低コストでの輸送を実現した代行サービスを提供しております。輸出入業務だけでなく、物流の手配や販売代行も合わせたトータルな提案が可能で、企業様の案件状況に合わせて適切な代行プランをご提案します。

輸出入物流・貿易代行を利用するメリット

弊社BeeCruiseの輸出入物流・貿易代行サービスを利用するメリットは4点挙げられます。

1点目に圧倒的な低輸送コストが挙げられます。BeeCruiseでは、海外発送代行サービス「転送コム」や海外購入代行サービス「Buyee」での多数の海外発送実績があるため、低コストでの商品輸送が可能です。

2点目に、インボイス手続きといった複雑な書類作成業務を日本語・英語・中国語で対応することができます。商品の輸出入には、インボイスやパッキングリスト、原産地証明書、ライセンスなど様々な書類があり、それらの作成に関する知識や経験、他言語に対応できる人材が社内にいない場合であっても代行サービスを利用いただくだけで輸出入が可能になります。

3点目に、BtoB、BtoCの両方で対応が可能なことが挙げられます。海外の個人のお客様より少量の注文を受けた場合でも、法人のお客様より大ロットでの注文を受けた場合でも、物量に合った最適な物流プランをご提案可能ですので、スムーズな輸出入が可能になります。

4点目に、輸出入に関する規制関連の確認も代行する点です。海外との輸出入には様々な規制が関わってきます。商品や国によって輸出入可能かどうかや輸出入に必要な手続き、また関税率も異なるため、実務経験と知識が豊富な弊社にお任せいただくことで、複雑な規制についても事前に確認し商品に合った最適なプランをご提案します。

海外進出の代行サービスを利用するメリット・デメリット

海外進出代行サービスのメリット

海外進出にあたって上記のような代行サービスを利用するメリットは、社内に知識や経験のある人材がいない場合や、物流構築やカスタマーサポートに割くリソースがない場合でもすぐに海外進出に向けて動き出せる点です。

代行サービスの経験豊富な担当者に任せることで、自社内の人材やリソースを使うことなく即戦力として動いてもらうことができ、自社がコントロールする手間や負担を省くことができます。

また海外進出を検討している場合であっても、社内で海外事業部を開設する前に海外進出の各種代行サービスを利用することで、事前に海外進出で直面する課題やうまくいく方法を確かめることができます。社内で事業部を開設するには、新規事業の立ち上げとして人事異動や採用など多くの労力が必要となりますので、まずは外部に委託して様子を見てみるのも良い選択と言えるでしょう。外部の代行サービスを使う中で課題やヒントが見えれば、その課題に対応できるような組織を作ることができます。

海外進出代行サービスのデメリット

海外進出代行サービスを利用するデメリットは、社内での知識や経験が蓄積されない点です。全てを代行サービスに丸投げしてしまうと業務内容や実態が見えにくく、自社で業務を引き継ごうと考えた際に自社内では知識や経験が不十分で対応できないといった事態に陥る可能性があります。

海外進出代行サービスを行う際には、今後自社でやろうと考えている業務と今後も外部の代行サービスを利用し続けようと考えている業務を明確にし、自社の海外進出戦略に沿って利用していく必要があります。

まとめ

海外進出には、日本国内でのビジネスにはない様々な業務が関わってきます。全てを自社で一から行うのは難しく、必要に応じて海外進出代行サービスを利用することでスムーズに海外進出を進めることができます。

BeeCruiseでは、海外進出を支援する事業を行っております。海外への製品・サービス展開をご検討される際にはぜひBeeCruiseにお問い合わせください。