非公開記事:【初心者でもわかる!】越境ECを行うメリットとデメリットとは?そもそも越境ECとは一体何?

みなさんは、越境(えっきょう)ECという言葉を聞いたことがありますでしょうか?越境ECとは、簡単にいいますと国境を越えたECサイトのことです。
近年の日本では、インターネットで買い物をすることとが当たり前となってきていますよね。その影響から、ECショップを運営している人は、海外進出も考え始めている方も多いようです。
特に中国やアメリカでは越境ECが大規模なものとなっており、それに続くのが、日本ではないか?とされています。
そこで今回の記事では、越境ECとはなにか?越境ECのメリットやデメリット、越境ECが拡大している理由などについて解説していきます。

越境ECを知らない…という方でもわかりやすい内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

初心者でもわかる!越境ECとは

越境ECとは、国境を越えて、アイテムや商品の電子商取引を行うことを指します。自国内、つまり日本人を相手に商売をするのではなく、外国人をターゲットとして国内の商品を販売して利益を上げる取引のことです。

外国の方々を相手に商取引をするため新規顧客開拓もでき、まだまだ売り上げの増加も見込めますし、近年日本の企業も積極的に取り入れている取引方法です。

さらに越境ECは拡大をし続けていることもあり、チャンスもまだまだ潜んでいる取引でもあります。

越境ECが今注目されている理由

越境ECが注目されている理由には、企業側にも、ユーザー側にもメリットがあるからです。メリットを解説していきましょう。

まずは、企業側のメリットですが「新たな新規顧客開拓ができる大きな市場規模である」というところにあります。

国内でもある程度の認知度のある会社は新規顧客開拓というより、新たな市場で新規顧客をしていく必要があるのです。

越境ECならば、右肩上がりの市場であるうえに市場規模も大きく、販路の拡大にも繋がります。さらに、ECショップは店舗をかまえる必要がないので、コストの削減にもつながります。

では、ユーザー側のメリットはなんでしょうか?
それは、自国にないものを手に入れることができる点や、メイドインジャパンという信頼性に長けた商品を手にすることができる点です。

特に偽物の出回りが多い中国では、メイドインジャパンの商品はとても売れる傾向にあります。

越境ECを行うメリットとデメリットとは

それでは、越境ECを行うメリットとデメリットにはどのようなことがあるのでしょうか?
この項目で詳しく解説していきます。

メリット

越境EC最大のメリットとしては、海外に店舗を設けなくてもいいことです。
海外に店舗を設けるとなると、多くのコストがかかってしまうでしょう。その点、越境ECはオンラインショップなので、コストの削減につながります。

さらに、日本企業の海外進出により新規顧客として、海外の顧客を獲得できる点もメリットといえるでしょう。

日本ではECサイトが急増し流通もしているので、新規参入もしやすいという点もメリットの一つです。

デメリット

越境ECには多くのメリットが存在するなか、デメリットもあります。
そのデメリットは以下の2つです。

・法律が違うこと
・言語の違いによる壁

日本国外の方とのやり取りとなるため、もしユーザーが購入した商品に万が一のことがあった場合の対応も、ユーザーの国の言語で行わなければなりません。

ユーザーの伝えたい意思と異なる翻訳をしてしまい、意味を取り違えてしまうと、トラブルのもとにもなってしまう可能性もあります。

さらに、越境ECには欠かせない、ユーザーの国の物流や国際輸送などの法律についても知っておかなければなりません。

それだけではなく、ユーザーの国の基礎的な法律の知識は頭に入れておく必要があります。
越境ECは始めやすい反面、デメリットも存在することを覚えておいてください。

越境ECが拡大している理由とは

これほどまでに越境ECが拡大していることには、理由があります。ここでは、その理由を4つご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

理由①:スマートフォンの普及

今や、1人1台は持っているスマートフォン。そのスマートフォンの普及が、越境ECに関係しているのです。スマートフォンがあれば電車の中にいても、家の中にいても、どこにいても買い物ができます。

そのため、自国の商品と比較しながら海外のECショップとも比べて、より高品質なものを買うことができます。

近くにショッピングモールなどがない方々も、スマートフォン1つで買い物ができるようになったため、スマートフォンの普及による越境ECへの影響はかなり大きなものとなりました。

理由②:日本に来る外国人のリピート購入

外国人観光客は、日本での旅行で家電製品や衛生用品、食料品、衣類などを買って自国へ帰ります。それを自宅で使い気に入ってくれると、越境ECを利用してリピートして購入してくれるケースが増えました。

米国や中国を例に挙げると以下の通りです。
・米国の日本からの購入額:7,128億円
・中国の日本からの購入額:1兆2,978億円

自国のお店にはないものでも、日本のECショップならば取り扱いがあるため、越境ECを利用してくれる方も多いのです。

リピート購入で多いものとして、下記のようなものが挙げられます。

・アパレル・アクセサリー (41.7%)
・スーパーマーケット取扱商品(37.5%)
・航空券(36.7%)
・旅行商品(36.2%)
・ホテル(36.0%)
・家庭電器・電子製品(30.2%)
・オンラインゲーム(29.3%)

また、日本に来たことのない外国人の方も友達や知人から日本土産をもらって、大いに気に入ることもあります。
そのことから越境ECを利用したり、Webサイトを通じて日本の商品を知り、越境ECを利用してくれる方も近年増えてきています。

理由③:コストを軽減できる

越境ECは、海外にわざわざ店舗をかまえる必要がありません。出店費用や出店申請や人件費などのコストも軽減することができます。

仮に海外でお店を出店することができたとしても、失敗したときのリスクが大きすぎます。

その点、越境ECならば初期費用はサイト作成、システム導入などを含めても数万円~数十万円程度でスタートすることができるので、店舗をかまえる費用と比べたら雲泥の差です。しかもリスクは低リスク。その理由から越境ECが注目されているのです。

理由④:新規顧客獲得が見込める

今後の日本では人口が減少傾向にあるとされています。つまりは、日本ではユーザーが減少していってしまう可能性があるということです。

しかし、越境ECであれば、相手は世界のユーザー。日本の商品を欲しいと思っている国のユーザーや、まだまだ日本の商品を出せば売れる国はたくさんあります。

このことからも新規顧客獲得が見込めるため、日本にいながらも海外にECショップを出店し、新規顧客開拓もできてしまうのです。

これらの理由から、越境ECは今注目を集めています。

越境ECを行うために知っておきたいこと

越境ECはメリットも多く、わりと簡単に始めることができるのが嬉しいポイントではありますが、越境ECを始める前に知っておきたい点もいくつかあります。

この項目では、越境ECを始める前に知っておきたいことをまとめているので、ぜひ読んでほしいと思います。

配送料・手数料が国内のECショップよりも高い

越境ECは、インターネットサイトを通じて海外から注文が入った場合、日本から海外へ商品を輸出することになります。

配送料や手数料は、国内へ発送する料金よりも割高になってしまい、ユーザーが負担する金額も大きくなってしまいます。

そのため、「低価格でオトク!」のような売り文句をつけることが難しくなりがちです。

ですので、そのような売り文句よりも、海外では珍しい日本の商品やブランドなどを売りにしたほうが、売り上げが見込める可能性は高くなるでしょう。

また、越境ECでは外貨で決済が行われるので、為替ルートの変動などによって価格に大きく差が出てしまう可能性があることも、理解しておく必要があります。

販売先の国によって法律が異なるので注意が必要

越境ECは、物流や決済方法、発送手段、翻訳など、その国その国によって方法や手段などが異なるということを理解しておかなくてはなりません。

例えば中国の場合は、インターネットの開設や運営はすべて許可制となっており、「ICP」というライセンスを取得しなければサイトを開設することすらできません。

中国で越境ECを行う場合は、「ICP」のライセンスを取得しなければ違法となってしまい、最悪サイトの運営停止やペナルティとして罰金を課せられることもあります。

そのため、越境ECを運営したい国のルールについても事前に調べておかなくてはなりませんし、ある程度の法律も頭に入れておかなければなりません。

関税などの国際輸送の取引に規制が多い

国境を越える商品の取引やサービスには関税が発生します。商品によっては、関税法で、輸出入が禁止されているものもありますので注意が必要です。

輸出入の許可リストは各国の税関ホームページに記載があるので、そちらを参考にしてみるとよいでしょう。越境ECで取り扱いたい商品が、関税法で輸出入不可になっていないかチェックしてから、越境ECを行うか決めてください。

まとめ

越境ECには、日本の顧客獲得だけではなく海外の顧客獲得にも繋がる、これからの時代により普及が見込めるビジネスだと思います。

今やスマートフォンでどこでも買い物ができる時代ですし、メイドインジャパンというブランド力は世界から見ても信頼性があります。
越境ECは海外に店舗をかまえなくとも、日本にいながら海外進出できる新しいビジネスでもあります。
注意すべき法律などの点だけをクリアしておけば、どんどん急成長するビジネスでしょうし、メリットも多いため取り入れて損はないでしょう。