越境ec支援のメリット・デメリットとは?会社の選び方とは?

近年個人でも商品を Web を使って販売する人が増えています。また国内に限らず越境 ecとして、 として世界に商品を販売している売上額が上がっているのです。しかし自分で全て手続きするためには、それぞれの国の輸入条件や政治においての事情、また関税なども詳しくないといけません。

そこで越境ecをサポートしている支援会社が増えています。この記事では今日越境ec 支援会社のメリットやデメリット、また会社の選び方を詳しく説明していきます。

最後におすすめの越境ec支援会社をご紹介します。

越境ecとは

越境ecといった言葉を聞いたことがありますでしょうか。 Web 上で日本の商品などを海外のユーザーに向けて販売する取引のことをいいます。難しくを取られがちですが実は誰でも始めることができ、急成長している市場でもあります。

越境ecの市場規模は以下のようになっています。2017年の日本のアメリカや中国からの輸入額は2,570億円、アメリカの日本や中国からの輸入額は12,070億円、中国の日本やアメリカからの輸入額は27,556億円となっています。

3か月合計で42,196億円となり、前年比の22.1%+となっており急激に市場が成長していることがわかります。

2017年の越境ecの市場規模(単位億円)

参考:経済産業省

それでは超境ecの概要や特徴などを詳しく説明していきます。

越境ecの概要

越境ecが年々普及している理由の一つとして、世界中でインターネット普及率が上がっていることがあげられます。またモバイル端末が普及し簡単にインターネットを繋げられる事が大きな理由となっています。
そのため上記のように日本、アメリカ、中国だけでなく ASEAN 地域やアフリカなどでも利用国が増えている状況です。このことからも多くの海外発送会社が120ヵ国前後の郵送に対応しています。

越境ecの特徴とは

越境ecの特徴として以下のように4つの方法で行うことができます。それぞれの方法にメリットやデメリットがあるので、ニーズに合った方法を選ぶようにしてください。

  • 自社でECサイトを運営
  • eBayなど海外の EC モールにて運営
  • 代行業者に運営してもらう

自社でECサイトを運営

まず挙げられるのは自社で EC サイトを作成しさらに運営することです。最も知識が入る方法ではありますが、最近では越境専用にカードが登場するなど越境ECの機能が充実しているサービスが増えています。
また自社で EC サイトを運営していると、卸売を求めている海外の企業から連絡がくる場合もあります。このように大きなビジネスチャンスに広げられるのは自社の EC サイトが一番でしょう。

eBayなど海外の EC モールにて運営

世界には様々な 越境EC販売抑えることができる EC サイトがあります。主な世界中で利用されているのはeBayです。これ以外にもAmazonや中国の ECであるTmall Globalなど、さまざまなサービスを利用することができます。eBayやAmazonなど世界各国に販売できるECモールを利用する方法や、中国に主に販売するのであれば中国のECモールを使うとメリットがあります。

あわせて読みたい記事

2022年1月26日(水)にファッションやファッション業界に関する学びの場を企画運営しているFashionStudies®主催で開催されたセミナー「Fashion Biz Study #016 越境ECを学ぶ~海外販売は思[…]

代行業者に運営してもらう

海外への販売を専門に行なっている業者が多く、代行業者を利用することにより海外への販売の知識が全くなくても運営をすることができます。しかし自分で調べる必要がないぶん手数料や配送料を上乗せする業者も多く、また直接購入者とやり取りをしないのはメリットでもありデメリットでもあります。

そのため代行業者を利用する場合であれば、信頼できる業者を選ぶことが重要となります。

越境ecのメリットとは

越境ecすることによりお客様の対象が国内だけでなく国外でも広がります。そのため販売路線を広げることができる他、コストを抑えることによって商品を安くすることができるなど様々なメリットがあります。

  • 販売路線を広げることができる
  • コストを抑えることができる
  • 安く買えるなどユーザーにもメリットがある
  • 支援業者を利用できる
  • 消費税は免税の対象である

販売路線を広げることができる

まず一番のメリットといえば、 海外にも販売路線を広げることでしょう。日本の商品は海外でも信用されて大人気であり日本ではなかなか売れないようなものが、海外では高く売れる可能性もあるのです。

また日本でしか売っていないような人気商品は、 海外のユーザーにとって喉から手が出るほど欲しいものもあるでしょう。例えば海外でも大人気の日本のアニメに関連する商品の場合、なかなか海外では手にすることができないものもあります。

特に限定の商品であれば大きなビジネスになる可能性があります。これらのことから日本で販売してるよりもライバルが減る可能性もあるのです。 さらに日本ブランドなど日本国内で販売するとはまた違うブランディングをすることができるようになります。

コストを抑えることができる

越境ecにて必要なことは基本的にはパソコンとネットワーク環境だけです。そのため実際に店舗を購入することと比べて費用が大幅に違うのです。越境ecは初期費用を抑えつつも海外にビジネスを広げることができる大きなメリットがあります。

いきなり商品の在庫をかかる必要がないのもおおきな メリットだといえるでしょう。

安く買えるなどユーザーにもメリットがある

コストを抑えることが出来れば、商品の値段も下げることができます。このことにより安く買えるなどユーザーにとってもメリットがあるため、リピーターを増やすチャンスでもあるのです。

また他の日本からの販売業者と差をつけることにより、チャンスも十分にあります。日本国内で販売しているよりも、ライバルが少ない状況にもなりやすいのです。

支援業者を利用できる

Web を通して海外への販売専門の支援業者を利用することもできます。海外へ販売するためには様々な手続きや知識が必要なのですが、トラブル対応まで含めて全て支援業者に任せることによって手間をかける必要がなくなります。手数料はかかりますがそのぶんのメリットが十分にあることでしょう。

あとで説明をしますが、支援業者によってサービスは全くことなるため十分に業者選びには慎重になることをおすすめします。

消費税は免税の対象である

日本国内で商品やサービスに対して課されるのが消費税です。しかし越境ecの場合は商品やサービスを利用するのは海外の人であるため免税の対象となります。

越境ecのデメリットとは

ここまで超境ecの特徴やメリットを説明してきましたが、以下のようにデメリットもあるので十分ご注意ください。

  • それぞれに国のマーケティングなどを把握する必要がある
  • 輸送コストがかかる
  • 販売規制などに注意
  • セキュリティ対策必要

それぞれに国のマーケティングなどを把握する必要がある

それぞれの国によって、 マーケティング方法が異なります。平均年齢層が違えばそれぞれの国に入っている商品、またファッションなどの文化も 異なります。 どのような方法で買い物をしているか、どのような商品をどのような人が買っているかなどの十分なリサーチが必要になります。

ここではデメリットとして説明しましたが、逆に言えばしっかりとリサーチができるとメリットになることもあります。

輸送コストがかかる

海外に商品を郵送する場合輸送コストがかかります。郵送の方法や送り先のこれによってもコストが変わりますのでよく確認するようにしてください。決済方法が日本と異なる場合もあります。例えば日本ではクレジットカードが最も利用しやすい決済方法ですが、国によってはクレジットカードが出回っていないケースもあります。

場合によってはその国で最も利用されている電子マネーを利用する必要があるなど、手数料など含めて輸送コストが日本以上にかかってしまうこともあります。

販売規制などに注意

それぞれの国によって販売規制しているものが異なります。その為商品と送り先の国の販売規制を先に確認しておくことが重要です。 販売規制になっているものを販売してしまうと、大きな問題へとつながってしまうのでそれぞれの栗の販売規制になってるものは必ず把握しておく必要があります。

例えばアメリカには以下のように規制があります。

「米国の輸出規制は、対共産圏輸出規制委員会(COCOM)そしてそれに続くワッセナーアレンジメント(WA)という国際的な枠組みを根拠とする中で、自国を取り巻く経済情勢のもと、さまざまな局面から国家安全保障を図っています。そしてその中核となる米国輸出管理法は「再輸出規制」、すなわち、米国の国内法を海外の国にも適用する「域外規制(Extraterritorial Control)」を行っています。」

引用:安全保障貿易保障センター

またアメリカは2021年9月22日まで日本産食品の輸入規制がありました。このように政策はよく変更されるので、情報を確認しておく必要があります。

「(1)9月22日(水曜日)(現地時間9月21日(火曜日))に、米国食品医薬品局(FDA)により、東京電力福島第一原子力発電所の事故発生時より続いていた日本産食品の輸入規制が科学的根拠に基づいて撤廃されたことが発表されました。
(参考)米国食品医薬局(FDA)プレスリリース
https://www.fda.gov/news-events/public-health-focus/fda-response-fukushima-daiichi-nuclear-power-facility-incident

(2)これまで米国は、福島県産のコメや原木シイタケなどについて輸入停止措置を講じていましたが、9月22日(水曜日)から輸出が可能となりました。」

引用:農林水産省

この情報はあくまで食品に関してですが、さまざまな商品に対してこのような輸入規制がかかることがあるのです。

セキュリティ対策必要

商品を販売するためには顧客の個人情報を扱うことになります。さらに商品そのものに対しても十分のセキュリティ対策をしておくことが必要です。またそれぞれの国によって個人情報に対する規制が異なります。特に EU 諸国は世界の中でも個人情報に対して厳しい規制があるため十分に注意するようにしてください。

越境ec支援企業の選び方とは

越境ec支援企業は年々増えておりそれぞれに特徴があるのですが、ニーズに合う企業を選ぶことが重要です。特に支援企業を選ぶときに注意したい点を以下のようにご紹介していきます。

  • 商品やビジネスの特徴とのマッチング
  • 越境ecに対して十分な知識があるか
  • ビジネスを行う予定の国の事情の知識があるか
  • 実績のある代行会社
  • 料金のわかりやすさ

商品やビジネスの特徴とのマッチング

扱う商品やビジネスの特徴によっても選ぶべきか業者が異なってきます。扱っている商品に対して、これまでに実績のある業者を選ぶことをおすすめします。商品によって扱い方が違ったり、必要書類が違うなどの対応方法が異なるためです。

越境ecに対して十分な知識があるか

言うまでもないのですが越境ecに対して十分な知識がない支援業者は、安心して任せることができません。輸出する先の国が設定している法律や関税、輸送方法、トラブルタイプなど越境ecにはさまざまな知識が必要になります。

そのため越境ecに対して十分な知識がないと、安心して任せることができないのです。

ビジネスを行う予定の国の事情の知識があるか

ビジネスを行う国によってそれぞれ事情が異なります。法律が違いまた国の政治状況も大きく異なります。 そのためビジネスを行う予定の国の事情をよく把握しているec業者を選ぶようにしてください。

例えば中国に主に販売をするのであれば、中国の事情に詳しい支援会社に依頼することをおすすめします。

実績のある代行会社

多くの代行会社がこれまでの実績を提示しています。一概には言えませんが実績があるということはそれだけ信頼をされているということになります。 そのため実績のある代行会社を選ぶのもおすすめです。

実績としてはこれまでに支援してきたサイトの数や、現在の会員数などを目安にするとよいでしょう。

料金のわかりやすさ

支援会社を利用すると、かえって高くつくと心配なケースもあるでしょう。そこで明確な料金プランを提示している業者を選ぶことをおすすめします。中にはさまざまな手数料をとる業者もあるので十分ご注意ください。

おすすめの代行会社

ここまで越境 EC の支援に関して注意点などを説明してきましたが、初めて利用する人が輸出先の国の事業や必要事項など、すべてを把握するのは決して簡単なことではありません。そこで初めて越境wcをする場合は、代行会社の利用をおすすめします。

おすすめの代行会社として、BeeCruiseの「BuyeeConnect」をご紹介させていただきます。

BeeCruiseの「BuyeeConnect」には以下のような特徴があります。

  • 月額4,950円
  • タグ設置だけde簡単
  • 118の国と地域に発送可能

またすでに以下のように実績もあります。
・越境EC支援実績2500サイト以上
・海外会員250万人保有

月額4,950円とリーズナブルである他に、タグの設定だけで EC サイトを海外ユーザーに提供することができます。 「英語や中国語などができない」「コスト面で心配」「発送する手間がかかる」 などとお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

少しでも興味をお持ちの方は以下のURLをクリックしてください。
https://beecruise.co.jp/infra/buyeeconnect/
越境ecの支援会やもさまざまであり、サービスの仕方もそれぞれの企業によって違います。実績があり料金プランが明確で、なおかつ手間がかからないサービスを利用することをおすすめします。

低コストで国内店舗やECサイトの集客をサポート

2,000サイト以上の海外販売をサポートしてきたBeeCruiseでは、海外のお客様をより増やすためのプロモーション・コミュニケーションの企画・運用をサポート致します。また、配送・インフラ構築につきましてもお気軽にご相談ください。

>世界中のユーザーに日本の商品を届ける クロスボーダーコマースを展開する

世界中のユーザーに日本の商品を届ける クロスボーダーコマースを展開する

BEENOSグループが創業以来蓄積してきたノウハウ・データを活用し、 BeeCruiseは日本企業の海外進出を応援します。

CTR IMG