越境ECで商品を配送する方法とは?配送会社選びのポイントや注意点も解説

越境ECの物流手段

越境ECで配送会社を決める前に知っておかなければならないのが、どのような物流方法があるかということです。越境ECで商品を海外へ配送するための手段は大きく分けて3種類に分けられます。
1.個別に直接配送
2.国内物流事業者と提携して発送
3.現地拠点を置いて現地提携事業者から発送

この物流内容をしっかり理解していれば配送会社を選びやすくなり、さらに利益を大きくすることにもつながります。ここでは3つの物流手段について詳しく紹介していきます。

個別に直接配送

商品の注文が入った後に日本国内から消費者(海外)へ向けて、日本郵便や民間などの国際便を利用して直接配送する方法です。初期費用がかからず簡単に始められることや、現地事業者やモールと契約せずに販売できるメリットがあります。しかし1回あたりの配送費が高くなる傾向や、複雑な税関手続きを自社または購入者が行わなくてはいけないデメリットがあります。

また日本からの輸出と配送先の国では輸入可能な物で条件はあるのか、それに応じて手続きがあるのかなども自社で確認しておく必要があります。

国内物流事業者と提携して発送

注文ごとに国内の提携事業者に商品を配送し、提携事業者が海外の消費者向けに商品を配送する方法です。この方法には大きく2種類に分けられます。1つは注文が入ってからECモールが提携する国内の物流拠点へ商品を送付して消費者の元へ届ける方法です。2つめは注文が入ってから国内にある事業者へ送付し、その事業者が代行して海外転送を行うサービスもあります。

いずれも国内ECの発送のように税関などの面倒な手続きを行う必要がなく、配送できることが最大のメリットです。しかし提携する物流拠点に商品を送付する必要があるため、配送期間は長くなってしまうことがデメリットにあげられます。

現地拠点を置いて現地提携事業者から発送

ターゲット国に物流拠点を置いて、現地から提携事業者によって商品を配送する方法です。商品を受注する前にターゲット国へ商品を輸出しておくことが必須になるので、在庫保管のための維持コストや初期費用など多額の費用がかかり、在庫を抱えてしまうリスクがあります。越境ECの経験のない事業者がこの方法をとるのは、とてもリスクとなるためおすすめはしません。

既に自社で多くの顧客を抱えている場合や販売効率を上げられる事業者にとっては、商品を受注してから消費者の元へ素早く届けられることや送料も押させられるメリットがあります。

越境ECで海外発送する方法と配送業者のリスト

配送会社やサービスの内容によって、料金・配送日数・サイズが異なるので、自社の商品に合わせて選んでいくことが大切です。ここでは日本企業と海外企業が運営する配送会社の種類とその特徴を紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

海外へ配送する方法

まず海外へ商品を発送するためには、航空便と船便の2つの方法があります。

【航空便の特徴】
・世界各国へ最短1~4日程で配送することが可能
・早く届けられる分、高いコストがかかる
・多くの配送事業者がある

【船便の特徴】
・世界各国へ届けるには1~3ヵ月かかってしまう
・大型貨物を詰めるので、荷物が多い方や重量がある方におすすめ

日本企業が運営する発送会社

自社で輸出可能な商品・輸入可能な商品か、そして国の規制や条件について自社で確認をする必要があります。配送事業者のホームページかジェトロなどで調べましょう。

日本郵便

■EMS(Express Mail Service)】
EMSは国際スピード郵便とも呼ばれています。世界120カ国以上の国や地域へ冷蔵・冷凍の物でも30㎏までの荷物を配送できるサービスです。発送手続き後最短で2~4日程度の早さで届けることが可能です。配送地域や重量にもよりますが最低1,400円から利用でき、個数に応じたお得な割引サービスも行っています。

商品を配送してから消費者へ届けるまで配達状況を確認できる追跡サービスや、トラブルがあった際には最大200万円までの損害賠償制度もあるため、多くの越境EC事業者に利用されています。

参考:日本郵便:EMS 
https://www.post.japanpost.jp/int/ems/

■国際eパケット
「国際郵便マイページサービス」のオンラインシッピングツールで国際eパケット専用の配送ラベル一式を印刷することで、重量2kgまでの縦・横・高さ3辺合計が90cm以内の小型包装を書留で配送できるサービスです。EMS(国際スピード郵便)や航空便扱いのため、早急に届けることができます。

サイズと重さに制限はあるものの規定範囲内であればEMSより送料が安くエコノミー航空(SAL)便よりも速く届けられることや、印刷するだけで宛名を手書きで書く必要のないことがメリットです。また国際書留が付くため一部の国や地域を除き追跡ができ、6,000円までの補償があります。一度に複数配送される場合は、割引サービスも行っています。

参考:国際eパケット
https://www.post.japanpost.jp/int/service/epacket.html

■国際eパケットライト
「国際eパケット」と「国際eパケットライト」は配送方法、配送できる重量・サイズの条件、追跡サービスがあることは一緒です。2つの違いは「国際eパケットライト」には配送商品を郵便受箱へ直接配達するため受取人が不在の場合でも配達することが可能になります。

また損害賠償や複数配送割引のサービスがないことや、エコノミー航空(SAL)便扱いのため2~3週間と日数がかかってしまう分、国際eパケットライトよりも安く送ることができます。

参考:国際eパケットライト
https://www.post.japanpost.jp/int/service/epacketlight.html

■航空便
飛行機を利用して輸送する方法です。重量やサイズの制限が広くエコノミー航空(SAL)便や船便より早く3~7日程で届けることができます。料金が高めなので、早急に受け取りたいという方以外は他の方法で配送するよう購入者と相談することがよいでしょう。

参考:国際郵便:発送方法の比較
https://www.post.japanpost.jp/int/service/dispatch/index.html

■エコノミー航空(SAL)便
日本国内と現地国では船便扱いになり、国をまたぐ際には飛行機での輸送を行う方法です。飛行機の空きスペースを利用して運ぶことやコストを削減するためハブ空港を利用しての配送ルートになるので、購入者の元へ届くのまでに通常6~13日程度、配送エリアによっては3週間程かかることがあります。日数はかかってしまうものの航空便より安く、船便よりも早くお届けできるので、コストを抑えることができます。

参考:エコノミー航空(SAL)便
https://www.post.japanpost.jp/int/service/dispatch/sal.html

■船便
国内から現地国まで船で配送する方法です。1~3ヵ月程配送期間がかかってしまいますが船便なので大型貨物・重量が多い・配送個数の多い場合に便利で、エコノミー航空(SAL)便や航空便よりコストを抑えて配送することができます。日本郵便で配送する際は配送料金に加え、日数を調べることができるので便利です。

参考:日本郵便 発送方法の比較
https://www.post.japanpost.jp/int/service/dispatch/index.html

佐川急便(飛脚国際宅配便)

世界220カ国以上の国や地域へ「ドア・トゥー・ドア」で届ける方法です。配送可能なサイズは1梱包3辺合計260cm以内・重量50kg以内、複数小口であれば総重量500kg以内、運賃は0.5kg刻みで細かく設定されているため、BtoC・BtoBでも対応出来るような配送条件になっています。

個人購入のお届け可能地域は、「韓国・台湾・香港・シンガポール・USA・EU加盟国」のみとなり、場合によっては受付できないこともあるので注意が必要です。

参考:佐川急便 飛脚国際宅急便
https://www.sagawa-exp.co.jp/service/h-kokusai/

ヤマト運輸(国際宅急便)

世界200カ国と地域へ「ドア・トゥー・ドア」で配送が可能です。荷物のサイズは縦・横・高さの合計が160cm以内で、重さが25kgまででき、書類だけの場合は「書類パック」というお得に配送できるプランもあります。自宅や会社まで集荷に来てくれるドア・トゥー・ドアがウリですが、直営店へ持ち込むことで1個あたりの割引でコストを抑えることが可能です。

発送者または受取側のいずれかが個人の場合には書類以外の荷物は取り扱い出来ない国もあるので、事前に確認する必要があります。

参考:ヤマト運輸(国際宅急便)
http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/customer/send/services/oversea/

海外企業が運営する発送会社

続いては海外企業の配送業者を紹介していきます。

DHL(ディーエイチエル)

世界220以上の国と地域へ幅広く短い期間で届けることが可能なドイツの大手国際配送会社です。地域やエリアによりますが基本的には2~5日程度、アジア主要都市には最速で翌日の午前中に到着するという驚異のスピードを持っています。追跡機能もあるので発送側・受取側も双方で確認できるのが安心です。

日本国内6つの都市(東京・横浜・名古屋・大阪・京都・神戸)にある一部の店舗では、24時間受付対応サービスを行っています。DHL専用の配送箱や封筒を無料で利用できるため、事業者にとっては利便性が高いサービスと言えるでしょう。

参考:DHL
https://www.dhl.co.jp/ja/express.html

FedEx(フェデックス)

アメリカを本拠地とし220以上の国と地域に対応した、世界大手の輸送会社です。サイズは縦・横・高さが330cmまで、重さは68kgまでの荷物を対応国へは1~3日程度でスピーディーに届けることが可能です。また追跡機能を使い現在地を確認することもできます。

参考:FedEx
https://www.fedex.com/ja-jp/home.html

配送会社選びのポイント

配送会社を選ぶポイントは、「配送料の安さ」「配送スピード」などどれを重点的に置くかで決めると、選びやすくなります。この項目では重点を置く種類別に、おすすめの配送会社をご紹介していきます。

なるべく安く送る

コストを抑えることは企業の利益につながるのでとても大切なことです。配送料をなるべく安く抑えて配送するためには下記の方法がオススメです。
・日本郵便 国際eパケット/国際eパケットライト:100g 530円~
・船便:500g 1,500円~

最短時間で届ける

商品を購入してからすぐに手元に届くのは嬉しいもので、差別化を図ることにもつながります。料金は高くなってしまいがちですが、最短時間(期間)で商品を届けるには下記の発送方法がオススメです。
・DHL:最短翌日
・EMS(国際スピード郵便):最短2~4日程度

大きさや重量があるものを届ける

コンテナを使う必要があるほど大きくて重さがある商品や、配送量が多い場合の発送方法は下記がオススメです。配送時間(期間)はかかるものの価格は安く、重量や大きなサイズを配送することが可能です。
・船便:1~3ヵ月
・佐川急便(飛脚国際宅配便):1梱包3辺合計260cm以内・重量50kg以内、複数小口であれば総重量500kg以内

越境ECで商品を配送する際の注意点

海外のお客様へ商品を配送するには近い国や地域であれば2~3日程度で届き、配送料を安く抑える方法があります。しかしお客様の手元に届けるまでに注意しておかなければならないことがあるので、気をつけるべき注意点を4つ紹介していきます。

配送料

配送料はなるべく安く抑えて利益を確保したいと考えるので、料金やサイズをチェックしておくことが大切です。計測する際は商品そのものではなく梱包材料とインボイスや送り状などの書類も含めて重量を測らなければ、配送料金やサイズが大きく変化してしまいます。梱包後の重量とサイズを計算した上で商品価格や配送料を決めましょう。

梱包作業

海外へ商品を届けるには飛行機や船を使って配送しますが、配送中は「下積厳禁」や「ワレモノ」などの荷物だとして雑に扱われることは少なくありません。消費者が商品を受け取った時には梱包された箱がボロボロで破損している場合もあります。

お客様とトラブルにならないようにするためには海外輸送用の段ボールを使い、壊れやすいものは特にクッション資材を使って丁寧に梱包した後、箱を揺らしてみて動いていないかの確認までとることが大切です。また万が一のための破損補償がある配送サービスを利用するのも良いでしょう。

海外配送可能な商品

それぞれの国によって規制は異なります。そのため日本から輸出できる商品なのか、配送先で輸入可能な商品なのか、利用配送会社のホームページやジェトロなどのサイトで事前にチェックしておく必要があります。

通関手続き・通関手数料

受注して梱包するまでは簡単ですが、多くの越境EC事業者が悩んでいるのは通関手続きの難しさや通関手数料が変動してしまうことでしょう。「通関手続き」ではインボイスやその他必要な手続きを英語や現地の言語を理解してインボイス等を作成する必要があります。「通関手数料」は通関士の判断によって料金が設定されるので都度料金が変わることは少なくありません。

手続きの手間や言語の壁を心配することなく商品を海外へ届けるには、転送会社へ依頼することをおすすめです。全て代行業者が行ってくれるので複雑な手続きに心配することなく、まるで国内の通販サイトを利用しているかのように簡易なのが特徴です。

まとめ

この記事では越境ECの配送方法や配送する際の注意点などを解説しました。

まとめると

  • 越境ECで海外へ商品を配送する手段は「直接配送、国内物流事業者と提携して発送、現地拠点を置く方法がある」
  • 越境ECで商品を発送するためによく知られた配送会社は「日本の配送会社:日本郵便、佐川急便、ヤマト運輸。海外の配送会社:DHL、FedEx」
  • 越境EC利用で配送会社を選ぶポイントは「安さ、最速、サイズや重量が大きい物のいずれかを重点ポイントを決める」
  • 越境EC利用で配送する際の注意点は「丁寧な梱包、配送可能か否かを事前に調べる、通関手続き・手数料は複雑なので転送代行会社に依頼する」

ことです。

出店するモールによって配送方法が決められている場合もあります。しかし直接配送する場合にはいくつもある配送会社から選ばなくてはならない、そして自社でインボイスなどの通関資料を用意するのは「ハードルが高い…」と悩んでしまうという方もいるでしょう。

その場合は配送を代行してくれるBeeCruiseにお任せください。BeeCruiseは複雑で多言語が必要な通関資料の作成や、輸出入に関する規制関連の確認、低輸送コストを実現します。

難しいことや手間がかかることは海外配送のプロに任せて、日本でECモールを運営しているかのような手軽さを手に入れましょう。

低コストで国内店舗やECサイトの集客をサポート

2,000サイト以上の海外販売をサポートしてきたBeeCruiseでは、海外のお客様をより増やすためのプロモーション・コミュニケーションの企画・運用をサポート致します。また、配送・インフラ構築につきましてもお気軽にご相談ください。

>世界中のユーザーに日本の商品を届ける クロスボーダーコマースを展開する

世界中のユーザーに日本の商品を届ける クロスボーダーコマースを展開する

BEENOSグループが創業以来蓄積してきたノウハウ・データを活用し、 BeeCruiseは日本企業の海外進出を応援します。

CTR IMG