越境ECモールの利用?それとも自社サイト構築?それぞれの長所短所を解説

越境ECモールの利用?それとも自社サイト構築?それぞれの長所短所を解説

これまでは海外に事業展開することや、海外に商品を配送することは手続きが複雑でとても手を出しにくいビジネスでした。しかし現在インターネットが急激に普及したことや海外に商品を転送代行してくれるサービス会社が出来ていることによって、以前よりもハードルが低くなっています。

しかし実際に「自社で越境ECビジネスを開始してみよう」としても、海外で自社商品を販売するためにどういった方法があるのか分からない方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は「越境ECプラットフォームの利用をする」「自社サイトを構築する」それぞれのメリット・デメリットについて紹介していきます。

具体的には、

  • 越境ECを始めるための3つの方法
  • 越境EC「プラットフォームを利用する」メリット・デメリット
  • 海外向けの「自社サイトを構築する」メリット・デメリット
  • 越境ECで成功させるために必要なポイント

について徹底解説していきます。越境ECを始める際の参考にしてみてください。

越境ECを始めるための3つの方法

越境ECを利用するためには大きく分けて3つの方法があります。それぞれどのような特徴があるのか紹介していきます。
・海外のECモールを利用する
・国内にある越境EC対応したモールを利用する
・自社サイトを構築する

海外のECモールを利用する

海外のECプラットフォーム・モールを利用して出店する方法です。越境ECを始める方は、まず初めにこの方法で検討するのが多いのではないでしょうか。世界の有名越境ECサイトは
・アメリカ:Amazon、eBay
・中国:Tmall(天猫)、Vip.com(唯品会)
・東南アジア:Shopee 、Lazada
などがあります。ECモールによってはアパレルや家電に強いサイトなど強みやユーザーが異なるため、商品や販売国に合わせて最適なECモールを選ぶことが大切です。

国内にある越境EC対応したモールを利用する

国内にあるECプラットフォーム・モールで出店する方法です。以前は越境ECを行うには海外のECサイトを利用しなければならなかったのが、近年では国内で利用されているサイトがグローバル化していることで参入しやすくなっています。国内の有名なECサイトは「Amazon」「楽天」「ヤフオク」などがあります。サポートや登録が日本語対応なので、越境EC初心者の方や実験的に越境ECを始めたい方におすすめです。

自社サイトを構築する

自社サイトを海外向けに構築する方法で独立型とも呼びます。ECサイトや決済システム・カートシステムを構築するためのプログラミングスキルや、集客などの高い知識が必要となります。自社サイトを構築する方が利益を得やすくなるので、自社ブランドの国際的知名度が高い事業者におすすめです。

越境EC「プラットフォームを利用する」メリット・デメリット

越境ECのプラットフォームを利用する際のメリット・デメリットについて紹介していきます。

海外・国内のECモールを利用するメリット

・集客力が圧倒的に強い
・導入コストが少ない
・国内ECであれば日本語でサポートしてくれるモールもある

先ほど説明したようにECモールを利用する場合は海外または国内にあるECサイトを利用することとなります。国内・海外のECサイトのいずれも既に多くのユーザーを抱えているため、一から自社で集客を行う必要がなくモール内から自然に自社サイトへのアクセスが見込めます。ただしECモールだけへ任せっきりにならずSNSなど口コミを利用してブランド力を高めていくことや、ECモール内でどのくらいアクセスされやすいかを見極めることも大切です。

自社でサイトを構築する場合と比べ越境ECモールは、導入コストやプロセスが少ないことです。越境ECが用意している決済システム、カートシステムなどは既に決まっているので、必要な情報を登録することで商品を販売することができます。

海外に対応した国内ECモールを利用する際は、元々国内向けのサイトということで既に国内ECを利用している方であれば簡単にECモールの流れを把握することができます。またある程度似ている仕組みとなるため、海外への出店登録手続きや運営の扱いがしやすくもなるでしょう。EC初心者の方も既に運営されている方や国内サイトの利用でも、万が一のトラブルが起こったときに日本語サポートがあるのは心強い味方です。サイトへ商品登録した際には日本語を機械翻訳してくれるなど利便性が高く海外ECモールを利用するよりもハードルは低いと言えます。

海外・国内のECモールを利用するデメリット

・売上手数料が発生する
・出店制限がある
・自社の商品ページレイアウトやデザインなどに制限がある
・全て外国語で対応する必要がある

サイト使用料として売上に対して手数料が発生することが最大のデメリットです。販売事業者は配送コスト・税関手数料・初期登録費用・年間維持費などの多くのコストがかかってしまうため、必然と利益が少なくなってしまいます。

越境ECサイトはカートや決済システムが用意されているので便利ですが、一方で自社商品ページに表示されるレイアウトやデザインなどが大きく変更することができません。また出店申請を出しても必ずしも審査が通るわけではなく、現地法人がなければ開設出来ないECモールもあるなど、ECモールのルールに従わなければならない欠点があります。

申請登録、商品登録、顧客とのやり取りまで全てターゲット国に応じた言語で対応しなければなりません。Google翻訳のようにボタン1つで機械翻訳してくれるサービスも利用できますが、理解しがたい文章になってしまうこともあります。その他には翻訳代行会社に依頼することも可能ですが、新商品の登録や日々の顧客とのやり取りには不向きです。そのため人件費はかかりますが、自社で完結させる方法がベストと言えるでしょう。

海外向けの「自社サイトを構築する」メリット・デメリット

続いては自社でECサイトを構築する際のメリット・デメリットについて紹介していきます。

自社サイトを構築するメリット

・売上手数料や年間維持費がかからず利益を上げやすい
・自由自在にサイト構築が可能
・集客に上限がない

サイトを構築するための制作費用(人件費)はかかりますが、売上毎や年間契約費用などの多くのコストをECモールに支払いする必要がないため利益を大きくすることが期待できます。

自社で一からサイトを作るので、カートや商品ページのレイアウト、デザインなど全て自由自在に設定することが可能です。集客やブランド力を上げるためにSNSを運営している場合であればSNSをサイトと繋ぎ、それぞれに広告を付けてプロモーションすることやキャンペーンなど経営戦略を実施していくことも可能となります。さらにSEOによってサイトを強くしていけば、集客数やターゲット層に制限されることなく売上向上へ期待できるでしょう。

自社サイトを構築するデメリット

・自社で集客をしなければならない
・導入コストが大きい
・サイトアップデートの度にコストがかかる

海外でのブランド力が高い場合を除いて、自社で集客するのには多くの時間・努力・コストが必要です。GoogleやYahooなどの検索エンジンから集客も可能ですが、海外SEOや海外マーケティング知識を持っていなければなりません。

自社内でサイトを構築できるのが一番良いですが、なかなか自社で越境ECに詳しくプログラミングスキルがある人材を確保している企業は少ないことでしょう。そうなると必然と外注することとなりますが、数十万~数百万円の費用がかかってしまうものです。さらに運営をしていくと新しい決済システムやセキュリティシステムなどさまざまな機能を追加したりアップデートしたりする必要があるので、そのたびにコストが発生していきます。

越境ECで成功させるために必要なポイント

越境ECモールを利用するまたは自社でサイトを構築するにせよ、海外へ商品を販売するために気をつけるべきポイントを紹介していきます。

現地に対応した決済方法を取り入れる

決済方法はターゲットの国の文化によって、使用される方法が異なります。アメリカ市場であればPayPalやクレジットカード、中国では微信支付(ウィーチャットペイ)や支付宝(アリペイ)のモバイル決済、東南アジアでは銀行口座の所持者が少ないためコンビニや銀行払いがメインとなります。どのような決済方法が取り入れられているのか下調べをして、それぞれの国に合わせた決済方法を導入しましょう。

ターゲット国に適切な商品を選ぶ

販売する商品を選ぶ際に気をつけなければならないのが、輸入禁止品目や輸入制限です。輸出入が禁止されているもの、許可証があれば輸入することができるもの、現地言語を表記したラベルの貼付が必要なもの、各ECモールでの販売が禁止されているなどの制限があります。取扱う商品が販売可能なのか事前に調査しておきましょう。

海外配送方法・日数・料金を把握する

越境ECサイトを利用する際はモールが用意した配送業者を利用する場合がありますが、そうでない場合は提携する配送会社の配送方法・届くまでの日数・配送料がどれほどかかるのか把握しておくことが大切です。海外に商品を送る際には関税手数料がかかり、配送方法によっては到着日数が異なるため事前に消費者へ適切な情報を伝えていなければトラブルの元となってしまいます。

消費者の満足度は自社ブランドの評価・リピート率・売上にも大きく関わってくるため、自社でしっかり情報を把握し消費者へ周知させることが重要です。

「越境ECの配送方法」について詳しく知りたい方はこちらの記事もぜひご覧下さい。
(タイトル:越境ECで商品を配送する方法とは?配送会社選びのポイントや注意点も解説)
→リンク挿入をお願いします。

まとめ

この記事ではこれから越境ECを検討している方向けに、「越境ECプラットフォームの利用をする」「自社サイトを構築する」それぞれのメリット・デメリットについて解説しました。

まとめると

  • 越境ECを始めるための3つの方法は「海外のECモールを利用」「海外対応した国内ECモールの利用」「自社サイトの構築」
  • 越境EC「プラットフォームを利用する」メリット・デメリットは「集客力が高い」「売上手数料などのコストがかかる」
  • 海外向けの「自社サイトを構築する」メリット・デメリットは「打ち上げ手数料がかからず利益を上げやすい」「集客やプログラミングなどの高い知識が必要」
  • 越境ECで成功させるために必要なポイントは「現地に合わせた決済方法の導入」「輸入禁止品か下調べする」「配送方法や配送料を把握する」

ことです。

どのような方法で海外の顧客を掴んでいくかは自社の取扱う商品や自社のブランド力によって選択することが大切です。ミニマムに越境ECを始めるなら、越境ECモールで出品するのがおすすめです。

実際に越境ECで商品を販売するにはECサイトを利用する場合も自社でサイトを構築する際にも多くのプロセスが必要となります。BeeCruiseでは越境ECの代行配送や、広告運営などのサポートを行っています。難しいことは越境ECのプロに任せて、世界の多くの人々へ自社の商品を広げていきましょう。