【アパレル業界向け】日本人と違う台湾人のファッション事情について

アパレル業界の海外マーケティングのターゲットとして台湾を選ぶ企業は多くいますが、
台湾マーケティングの際に注意する点があります。
それは『台湾人はおしゃれもするが、快適さや気楽さを重要視している』という点です。
台湾人の方もおしゃれな人が多いように思いますが、
実は日本人よりも快適さや気楽さを重要視しているんです。
その理由について今回は迫っていきたいと思います。

理由1:台湾の気候


台湾本島は南北に細長く中央を通る北回帰線を挟んで、北が亜熱帯、南は熱帯地域となります。
また台北市は1年中温暖で、はっきりとした四季はなく、長い夏と短い冬があるのみです。

春(3〜5月):晴れの日は暑くらいだが、朝晩は冷えることもある。
夏(6〜9月):台風シーズンで湿気も多くかなり暑い。
秋(10〜11月):朝晩は涼しいが、晴れた日中は暑い。
冬(12〜2月):日本の春のようだが寒波に覆われることもありセーターが必要になることも。

以下の気温の推移や降水量からも分かるに、台湾は1年を通して蒸し暑いことがわかります。

理由2:交通事情


台湾は人口に対してのバイクの割合が多いことでも知られています。

台湾の面積と人口

台湾の国土面積は世界 135位、人口は55位です。
日本で例えると近畿地方に徳島県を加えたほどの面積と人口となります。

台湾のバイク保有台数

人口こそ日本の1/5程度ですが、日本のバイク保有台数の1,121万台を超えています。

台湾の二輪年間新車販売台数と生産台数

販売台数は85.6万台で日本の35.7万台を大きく上回っています。
生産台数は122万台となり、日本の64.7万台と比較するとその差はおよそ2倍となっています。
気候が年中暑く、移動手段がバイクとなっているため、
台湾人は『快適さや気楽さを重要視している』ということですね。
私も昔はバイクを使用していましたが、ヘルメットで髪の毛が潰れてしまうので
いつも帽子を無造作にかぶっていたのを思い出しました。
台湾人の方々も同じ気持ちなのだと思います。
では、そんな台湾でよく見られるファッションについて紹介していきたいと思います。

台湾でよく見られるファッション

台湾の男女ともに共通しているのが『日本人よりもラフ』ということです。
男性は日常的にビーチサンダルを履き、女性は化粧をあまりしません。
もちろん、街にショッピングに出かける際はおしゃれをすることもあるでしょうが、
普段は快適さや気楽さを重視しています。
また、台湾人は寒さに弱く秋に20度くらいまで下がっただけで
厚手のアウターを着ることもあります。
台湾は日本よりも暖かい国なので、日本人に比べて寒さに慣れていないのです。

男性のファッション


夏は暑いので、『Tシャツ+短パン+ビーサン』という、ラフな服装の人が多いです。
また、南部では日常的に急なスコールが降ってくるので、
濡れてもいい『Tシャツ+短パン+ビーサン』のような服装がなおさら好まれます。
ただ、冬は寒くなってくるので、靴にジャケット、アウターなどは
日本同様のファッションとなってきます。

女性のファッション


夏は『Tシャツ+ホットパンツ+ビーサン』というラフな服装な人が多いです。
また、既にご紹介している通り、化粧はナチュラル系が主となっています。
台湾では『化粧をしないと人に会えない』と考えるひとが少なく、
また夏は汗をかくので最初から化粧をしないほうが良い、と考えていることもあリます。
他にもバイクに乗っているときに雨が降ると面倒なので、
ラフな格好が好まれている傾向があります。
冬はコートやニットなどを着ておしゃれを楽しみ女性も多くいます。

最近の台湾ファッション関連ニュース

①台北ファッションウィーク2019 Spring & Summer

男女ともにラフなファッションが好まれる傾向にある台湾ですが、
最近では、台湾のファッションシーンの勢いに
世界のファッションニスタたちが大注目しています。
台北ファッションウィークとは台湾のファッション産業の発展を助け、
台湾をアジアにおけるファッションの新たな中心へと成長させようと、
文化部(日本の省レベル)が経済部(日本の経済相に相当)、
原住族(先住民族)委員会(日本の省レベル)、客家委員会(日本の省レベル)、
台北市文化局と協力し開催されたイベントです。

②アトレの台湾進出

台北の新商業施設『ブリーズ(微風、Breeze)南山』に
アトレ初の海外店舗『アトレ(atre)』が2019年1月10日にオープンしました。
トレンドエリアである信義区エリアに位置し、台北のランドマークである「台北101」に隣接。
「アトレ」はキーテナントとして2階の一部と3~4階(延床面積1万2000平方メートル、店舗面積6000平方メートル)を使用しています。
「アトレ」のコンセプトは“SLOW TIME、SLOW LIFE”。
館内は、回遊を促すために細い小道をイメージし、イベントを開催できるスペースが13カ所あり、
テラスには屋外デッキを設けています。
出店する51店舗のうち日本のブランドが半数以上を占め、台湾のローカルショップが約2割、
他の海外ブランドが約2割の割合となります。
業種別の構成比は、飲食業態が約40%、雑貨・小物業態が約40%、ファッション業態が約20%。
台湾初出店は、ブルーボトルコーヒー(BLUE BOTTLE COFFEE)や
ダンデライオン・チョコレート(DANDELION CHOCOLATE)、
フルッタフルッタ アサイーカフェ(FRUTA FRUTA Acai cafe)、
ジャパン レール カフェ(JAPAN RAIL CAFE)などが入っています。
台北の店舗のなかで最大規模の広さとなるビームス(BEAMS)などの
テナントが入る予定だそうです。

まとめ

今回は台湾の気候や交通事情から台湾人のファッション感をお届けさせていただきました。
1年中暑く、移動手段もバイクが多いことから、
『日本人よりもラフ』なファッションが好まれている傾向にある台湾ですが、
最近では台湾のファッション業界を盛り上げるために様々な動きがあることがわかりましたね。
実際にBuyeeでは流通国ランキングでは常に台湾は上位国となっていますし、
日本のファッションアイテムはアジア圏の方々に非常に好まれています。
台湾が親日国で日本の文化が伝わっている、ということは以前の記事「【海外マーケティング担当者必見】台湾女子は日本のコスメが好き?その理由と原因について」で紹介しましたが、それに加えて、台湾を始め、アジア圏の方々は日本人と体型が近いことも
日本のファッションと相性が良い理由の一つとなります。
台湾の気候や交通事情をふまえながら是非、越境ECのスタートダッシュは
台湾狙いで行ってみてはいかがでしょうか。