導入実績

秀和株式会社

査定テクノロジーでネットでも安心して取引できるトレカ売買の場を世界に提供したい
世界中にファンを持つ「遊戯王」を中心に取り扱うトレーディングカードショップ「Clove」

COMPANY INFORMATION

秀和株式会社

  • カテゴリトレーディングカード
  • 取扱商品トレーディングカード
  • 購入が多い国アメリカ

「Clove」は世界中に多くのファンがいるカードゲーム「遊戯王」を中心に取り扱うトレーディングカードショップです。膨大な真贋鑑定に関するノウハウデータを蓄積し、仕組み化するAIテクノロジーを開発・運用しており、海外からも支持されています。運営されている株式会社トラストハブ様に越境EC導入の経緯や導入後の反響を伺いました。

今回Buyee Connectを用いたECサイト

鑑定ノウハウとテクノロジーを駆使した真贋鑑定を行い、専門スタッフがカードを1枚ずつ丁寧に撮影し、ネット上でも状態を確認できるトレーディングカードゲーム通販・買取のプラットフォーム「Clove」

導入のポイント

  • POINT1

    越境ECをはじめようと考えた背景

    • ・公式Twitterに定期的に海外のお客様からの問い合わせをいただいており、海外での需要を把握していた
    • ・問い合わせのたびにその都度商品の販売などに対応していたが、決済や海外発送の手続きの煩雑さや手間があった
  • POINT2

    なぜBuyee Connectにしようと考えたか

    • ・これまで海外ECプラットフォームに出店したことがあったが、出品金額に制限がある、商品登録の際に商品名の翻訳の必要などがあり不満点があった
    • ・Buyeeを経由して海外のお客様からの購入が複数あり、Buyee Connectを知り導入を検討した
  • POINT3

    実際に開始してからの反響や感想は

    • ・導入して3か月ほどだが、コンスタントに売上がついている。日本と比べて海外のお客様の購入単価が高く1.5倍ほどになっている
    • ・運営面での負担はほぼなく、日本のECサイトを運営するだけで良い

導入担当者からの声

資産としての新たなカードの価値に注目し、国内外でカードの証券市場を盛り上げたい

Cloveは査定テクノロジーを活用し、トレーディングカードを安心して売買できるプラットフォームです。趣味的な側面が強かったトレーディングカードですが、新型コロナウイルス流行以降から、投資価値が見いだされ海外でも値段が上昇しています。

日本のお客様だけでなく、海外のお客様にも安全安心なカードをお届けするためにBuyee Connectを導入しました。Buyee Connectは初期費用は最初の3万円のみで、月額利用料も約5,000円と低く、開発の必要がないので導入のハードルが低かったです。導入後は閲覧数が一日4,000から5,000PVあり、海外からお客様の需要を感じます。今後の海外向け施策としてはInstagram、Twitterの英語アカウントの開設を検討しています。

世界で「カード=資産」としての価値が高まっているため、今後はECのみならず、カード証券市場を広げていきたいです。その1つとして、盗難を防止するためにCloveに貸金庫を設置してお客様のカードを預かり、そのまま出品もできて、自分のカードの資産価値を日々確認できる仕組みを提供し始めました。

答えて頂いた方

株式会社トラストハブ

服部 雅史

導入サービスにまつわるカタログ

Buyee Connect

Buyee Connect

お客様に900万回以上商品をお届けした越境ECサービスBuyeeから新サービス「Buyee Connect」登場!タグ1つで世界約120の国と地域に海外販売が可能になるサービスです。カスタマーサポート、言語、決済、海外配送をすべて「越境EC支援実績3,000件以上」の実績があるBuyeeが行います。

越境EC・海外販売促進支援